コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摘み食い ツマミグイ

デジタル大辞泉の解説

つまみ‐ぐい〔‐ぐひ〕【摘み食い】

[名](スル)
指でつまんで食べること。「味見のために摘み食いする」
こっそり盗み食いをすること。「来客用の菓子を摘み食いする」
公金をこっそりと少しずつ使うこと。「会社の金を摘み食いする」
夫婦や恋人どうしでない相手と、一時のなぐさみに情を交わすこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

摘み食いの関連キーワード盗み食い公金

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android