コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摘芽 てきがcluster thinning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摘芽
てきが
cluster thinning

植物体の過剰な芽を除去して残りの部分に多くの養分を与え,生長を盛んにしたり,花芽の分化をはかる剪定 (せんてい) の一種。果樹の場合は発育枝や徒長枝の多発を防ぎ,結果枝上の花芽の発育を促進させる。トマトの場合は摘芽によって1本立または2本立とし,花軸の伸びを助けて結果を早める。じゃがいもの摘芽は新芽の徒長を押えて,塊茎に養分が移るのを促す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の摘芽の言及

【摘心】より

…一方,メロンやシロウリなどのように親づる(主茎)上にほとんど雌花がつかないか,ついても結実しにくい種類では,親づるや子づるを摘心し,子づるまたは孫づる上の適当な位置の雌花を結実させる。また果菜類では摘心とともに,側枝をごく小さなうちに除去する作業(摘芽または芽かきという)を行う場合がある。摘心と摘芽を行うと,新しい葉や茎が形成されず,残された部分の葉は大きく厚く,色も濃くなって,開花,結実も良好になる。…

※「摘芽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

摘芽の関連キーワード芽掻き・芽搔き芽欠き

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android