コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摘心 てきしんpinching

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摘心
てきしん
pinching

植物体の心芽を除去する剪定 (せんてい) の一種。果樹の場合は摘心によって新梢の生長をある程度押えると,果実の発育がよくなる。しかし摘心が強すぎると,副梢が強く伸びて果実にゆくべき養水分を奪い,落果が多くなる。人力による摘心の代りに生長抑制剤 (B9や CCCなど) を利用して新梢の徒長を防ぎ,果実の生理的障害の発生を防ぐ省力的方法が近年研究されている。摘心には生長を抑制して開花,結実を促進させるほか,たばこのように葉の品質をよくするためとか,大豆やささげなどのように側枝を発達させて結果数をふやす目的で行う場合などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てき‐しん【摘心/摘芯】

[名](スル)果樹などの頂芽を摘みとること。「―して果実の生育をよくする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てきしん【摘心 pinching】

花や野菜の栽培で,側枝の発達を促したり,草丈を制限したりするために,茎頂部を除去すること。茎頂部の生長点で生産されるオーキシンは下方に移動して側芽の発育を抑えているので,茎頂部を除去すれば数本の側芽が発達する。キクやカーネーションなどでは摘心を行い,数本の側枝を発生させて,1個体当りの切花数の増加を図っている。またベゴニア,アザレア,ポットマムのように草丈が低く,側枝の多い形が好まれる鉢植えの花では,このような草姿にするために摘心を行う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

摘心の関連キーワードクロッサンドラゲンペイクサギシロタエギクキンギョソウポインセチアシザンサスマンデビラコルムネアローケアシロウリピンチブドウ仕立て心止め大作り整枝園耕

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android