擲弾銃(読み)てきだんじゅう(英語表記)grenade launcher

日本大百科全書(ニッポニカ)「擲弾銃」の解説

擲弾銃
てきだんじゅう
grenade launcher

擲弾発射機ともいう。第一次世界大戦中、手榴弾(しゅりゅうだん)または発煙催涙ガス剤などを填(じゅうてん)した擲弾を人力手投げより遠方に投擲する手段として出現した。当初は小銃の銃口部に専用の発射機を取り付けたものであったが、ベトナム戦争中にアメリカ陸軍が開発した40ミリM79グレネードランチャーは、軽量小型の中折れ式単発銃で、使用する榴弾は、アルミの外殻の中に数フィートの鋸歯(きょし)状に切り込みの入ったワイヤーを巻き込んだ球があり、内部に炸薬(さくやく)が詰められている。弾頭は着地すると地表からバウンドして約1.5メートルの高さで炸裂する。ワイヤーの球体は約300個の破片となって高速飛散し、10メートル範囲の人員を殺傷する。最大射程は400メートル。暴徒鎮圧用の催涙ガス銃も一種の擲弾銃である。

[小橋良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「擲弾銃」の解説

擲弾銃【てきだんじゅう】

手榴(てりゅう)弾などを擲射する迫撃砲を小型にしたような,簡単な構造の歩兵火器。射程数百m。第1次大戦中に現れ,第2次大戦では成形炸薬(さくやく)弾を用いて歩兵の対戦車近接攻撃にも使われた。→火砲

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「擲弾銃」の解説

てきだんじゅう【擲弾銃 grenade launcher】

擲弾発射機ともいう。爆薬または催涙ガスなどの化学剤を充塡した擲弾を,比較的近距離(数百m)の人員,資材等に発射する口径数cmの火器。第1次大戦中に出現した。兵士が肩付けで小銃のように発射する型のもの,擲弾発射用銃身を小銃に取りつける型のもの,連発式のものなど多くの種類がある。【角園 睦美】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android