コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線探傷 ホウシャセンタンショウ

4件 の用語解説(放射線探傷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃせん‐たんしょう〔ハウシヤセンタンシヤウ〕【放射線探傷】

X線・γ(ガンマ)線・β(ベータ)線などを材料に照射し、内部の欠陥などを調べる方法。透過放射線フィルム蛍光板に受け、その強度分布から判断する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

放射線探傷【ほうしゃせんたんしょう】

非破壊検査の一つ。物体の内部に欠陥があると,放射線の透過程度が変わることを利用,透過した放射線の強度を測定して内部の欠陥を検査する方法。同様にして材料,製品の厚さ測定もできる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃせんたんしょう【放射線探傷 radiation inspection】

X線,γ線,中性子線あるいはβ線を物体に照射し,その透過像をフィルムあるいは蛍光板に受け,その像から内部の欠陥を検査する方法で,非破壊検査法の一種。線源によって放射線のエネルギーが異なり,透過能に差があるので,目的によって線源が選択されるが,その決定には線源の取扱いと価格も重要な要因となる。最も広く行われているのはX線探傷である。γ線透過試験では60Co,192Irなどの放射性同位体を密封した線源が使用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうしゃせんたんしょう【放射線探傷】

非破壊検査法の一。 X 線・ γ 線・ β 線あるいは中性子線を物体に照射し、透過した放射線の強度分布をフィルムまたは蛍光板に受け、その像から物体内部の欠陥の有無を調べる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放射線探傷の関連キーワードX線結晶学電離放射線ブラッグ反射放射線放射線障害放射線療法転換中性子線光中性子中性子散乱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone