コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線探傷 ホウシャセンタンショウ

百科事典マイペディアの解説

放射線探傷【ほうしゃせんたんしょう】

非破壊検査の一つ。物体の内部に欠陥があると,放射線の透過程度が変わることを利用,透過した放射線の強度を測定して内部の欠陥を検査する方法。同様にして材料,製品の厚さ測定もできる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃせんたんしょう【放射線探傷 radiation inspection】

X線,γ線,中性子線あるいはβ線を物体に照射し,その透過像をフィルムあるいは蛍光板に受け,その像から内部の欠陥を検査する方法で,非破壊検査法の一種。線源によって放射線のエネルギーが異なり,透過能に差があるので,目的によって線源が選択されるが,その決定には線源の取扱いと価格も重要な要因となる。最も広く行われているのはX線探傷である。γ線透過試験では60Co,192Irなどの放射性同位体を密封した線源が使用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうしゃせんたんしょう【放射線探傷】

非破壊検査法の一。 X 線・ γ 線・ β 線あるいは中性子線を物体に照射し、透過した放射線の強度分布をフィルムまたは蛍光板に受け、その像から物体内部の欠陥の有無を調べる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

放射線探傷の関連キーワードラジオグラフィー非破壊検査法ツリウム

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android