コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盆地霧 ぼんちぎり

大辞林 第三版の解説

ぼんちぎり【盆地霧】

盆地に発生する霧。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

盆地霧【ぼんちぎり】

よく晴れた夜間,放射冷却によってできた低温・湿潤の空気が,2〜3m/sの弱い風によって周囲の斜面から盆地にたまったとき発生する放射霧の一種。この種の霧の厚さは,地面から20〜30mくらいである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

盆地霧
ぼんちぎり

盆地にできる霧。放射霧、蒸気霧である。周辺の山地斜面が放射冷却し、それに接する空気も冷却して重くなり、流れ落ちて盆地にたまるので、平地の場合よりも放射霧はできやすい。甲府や山形でよくみられ、蒸気霧(川霧)も混じっていることが多い。[大田正次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の盆地霧の言及

【霧】より

…(c)谷霧 山頂で放射冷却によって生じた冷たい重い空気が,谷に流れ下りてたまり,水蒸気が凝結して生ずる霧。(d)盆地霧 盆地内は比較的大気が安定しており,地面の放射冷却によって霧が生じたり,山腹の放射冷却による冷たい重い空気が入りこんで霧が発生する。(e)都市霧 都市内や工場周辺では煙や粉塵が多く,これが凝結核になって霧が発生しやすい。…

※「盆地霧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

盆地霧の関連キーワード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android