露点(読み)ろてん

百科事典マイペディア「露点」の解説

露点【ろてん】

露点温度とも。空気中で物体が冷却していくとき,一定の温度以下になるとその表面ができ始める,そのときの温度。そのときの空気の水蒸気圧湿度)を飽和水蒸気圧とするような温度。露点を測る器械を露点計という。種々のものがあるがランブレヒトの露点計が代表的。銀めっきした鏡面の背後にエーテルなどの揮発性の液を入れた小容器があり,空気を送りこみ,エーテルの気化熱による温度低下で鏡面に露を結ばせ,そのときの温度を温度計で測る。最近では電子冷却を使った露点計が多く使われるようになった。
→関連項目過冷却放射霧露点計

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「露点」の解説

露点
ろてん
dew point

空気中で物体を徐々に冷やしていくと,そのまわりの空気の温度も下がって,ある温度で空気中の水蒸気凝結し,物体表面にとなって付着する,その温度。空気中に含まれる水蒸気の分圧飽和蒸気圧と等しくなる温度である(→飽和蒸気)。そこで露点は空気中の水蒸気の量を示す目安になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「露点」の解説

ろ‐てん【露点】

〘名〙 空気の温度が下がり、水蒸気が凝固して露ができ始めるときの温度。空気中の水蒸気の圧力が飽和蒸気圧に等しくなる温度。露点温度。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版「露点」の解説

露点
ロテン
dew point

空気中の水蒸気圧が飽和蒸気圧に等しくなるときの温度をいう.水蒸気を含む空気の温度を徐々に下げていくと,この温度をにして水蒸気の凝縮が観測される.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

デジタル大辞泉「露点」の解説

ろ‐てん【露点】

空気中の水蒸気凝結してになりはじめるときの温度。空気中にさらした金属板を冷却していくとき、表面に結露するときの温度。露点温度。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「露点」の解説

ろてん【露点 dew‐point】

空気に接した平らな物体の表面温度を下げていく場合,空気中の水蒸気が凝結(または昇華)して物体の表面に露(または)を結びはじめるときの温度を露点または露点温度という(なお,霜を結ぶ点を特に霜点frost‐pointまたは霜点温度と呼ぶことがある)。これは空気中の蒸気圧が飽和蒸気圧に等しくなるような温度を表す。露点を測るには,みがいた金属面を冷却して表面に露ができ,曇ったときの面の温度を測定する方法が古くから行われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android