コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露点 ろてんdew point

翻訳|dew point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

露点
ろてん
dew point

空気中で物体を徐々に冷やしていくと,そのまわりの空気の温度も下がって,ある温度で空気中の水蒸気凝結し,物体表面にとなって付着する,その温度。空気中に含まれる水蒸気の分圧が飽和蒸気圧と等しくなる温度である(→飽和蒸気)。そこで露点は空気中の水蒸気の量を示す目安になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ろ‐てん【露点】

空気中の水蒸気凝結してになりはじめるときの温度。空気中にさらした金属板を冷却していくとき、表面に結露するときの温度。露点温度

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

露点【ろてん】

露点温度とも。空気中で物体が冷却していくとき,一定の温度以下になるとその表面に露ができ始める,そのときの温度。そのときの空気の水蒸気圧湿度)を飽和水蒸気圧とするような温度。
→関連項目過冷却放射霧露点計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろてん【露点 dew‐point】

空気に接した平らな物体の表面温度を下げていく場合,空気中の水蒸気が凝結(または昇華)して物体の表面に露(または霜)を結びはじめるときの温度を露点または露点温度という(なお,霜を結ぶ点を特に霜点frost‐pointまたは霜点温度と呼ぶことがある)。これは空気中の蒸気圧が飽和蒸気圧に等しくなるような温度を表す。露点を測るには,みがいた金属面を冷却して表面に露ができ,曇ったときの面の温度を測定する方法が古くから行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ろてん【露点】

水蒸気を含んだ空気を、気圧を変えずにその温度を下げ、飽和に達して凝結し始める温度。露点温度。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

露点
ろてん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

露点の関連キーワードダニエル(John Frederic Daniell)ヘニングの式(気象)カークーラーブイロボット高層天気図過飽和蒸気エマグラムダニエル移流霧凝結核天気図湿度計気象海霧湿舌湿数

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

露点の関連情報