コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政始 まつりごとはじめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政始
まつりごとはじめ

平安時代,毎年正月に吉日を選び公卿以下が初めて登庁して太政官庁または外記庁に着して政事を議する朝儀。年首のほか,新帝践祚,改元などにもこの儀があった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まつりごと‐はじめ【政始】

平安時代、毎年正月吉日を選んで、公卿以下が太政官庁または外記庁に出て、その年の政事を初めて行う朝廷儀式

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まつりごとはじめ【政始】

平安時代、毎年正月に太政官や外記庁などで行われた初めて政務を執る儀式。御斎会ごさいえ後の吉日が選ばれ、また新帝践祚・改元・廃朝などの後にも行われた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

政始の関連キーワード漢の時代(年表)清の時代(年表)平安時代吉書の奏大宇陀吉書始吉書

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android