太政官庁(読み)だいじょうかんちょう

大辞林 第三版の解説

だいじょうかんちょう【太政官庁】

太政官の庁舎。大内裏の内、八省院の東にあった。官の庁。官府。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいじょうかんちょう【太政官庁】

〈だじょうかんちょう〉とも読む。略して〈官庁〉ともいい,また〈官司〉ともいう。律令官制としての太政官の少納言局(その下僚に外記がいるので,外記局ともいう)と弁官局に所属する官人は,本来,朝堂院(八省院)内の暉章堂を執務の場としたが,律令体制の整備に伴う機構の拡充と官人の増加により,朝堂院外に政庁を持つに至った。そのとき,外記局の政庁と弁官局の政庁が別個に設けられ,前者が外記庁(平安宮では内裏建春門の東),後者が太政官曹司,太政官庁または弁官庁などと呼ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だいじょうかん‐ちょう ダイジャウクヮンチャウ【太政官庁】

〘名〙 太政官の役所。また、その正庁、後房、東西庁のうち特に、正庁をいう。大内裏の内、朝堂院の東にあった。古くは、国政を処理するところであったが、列見・定考(こうじょう)などの儀式も行なわれ、中世以後には、さらに即位や大嘗祭も行なわれた。官庁。官の庁。だじょうかんちょう。
※文徳実録‐仁寿三年(853)一〇月己未「是日、虹見於太政官庁前

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の太政官庁の言及

【太政官庁】より

…律令官制としての太政官の少納言局(その下僚に外記がいるので,外記局ともいう)と弁官局に所属する官人は,本来,朝堂院(八省院)内の暉章堂を執務の場としたが,律令体制の整備に伴う機構の拡充と官人の増加により,朝堂院外に政庁を持つに至った。そのとき,外記局の政庁と弁官局の政庁が別個に設けられ,前者が外記庁(平安宮では内裏建春門の東),後者が太政官曹司,太政官庁または弁官庁などと呼ばれた。平安宮では,内裏の南,朝堂院の東に,東西56丈,南北40丈の地を占め,正庁,東庁,西庁,朝所(あいたんどころ)などの建物があった。…

※「太政官庁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android