コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

済世 サイセイ

大辞林 第三版の解説

さいせい【済世】

世の中を救うこと。世人を救い助けること。社会の救済。せいせい。 「救民-」 「 -の義を誤らじと/自由太刀余波鋭鋒 逍遥

せいせい【済世】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

済世の関連キーワードG. ボイティンスキー民生委員制度100年L. メンデリソン近代世界システム論トラハテンベルグ自由太刀余波鋭鋒民生委員制度下村 房次郎方面委員制度メンデリソン洪景来の反乱笠井 信一藤井 静一城 泉太郎新潟(県)経済学説史石井十次城泉太郎橋本綱常真田増丸

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

済世の関連情報