コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教員赤化事件 きょういんせっかじけん

3件 の用語解説(教員赤化事件の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きょういんせっかじけん【教員赤化事件】

1930(昭和5)~33年にかけて行われた一連の教員弾圧事件。多くの教員が、日本共産党の運動に関係した「赤化教員」だとして検挙された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょういんせっかじけん【教員赤化事件】

1929年から33年にかけておこった共産主義運動に関係した小・中学校教員への弾圧事件。プロレタリア文化運動や国際的教育労働者運動の影響をうけた教員によって1929年10月,関東小学校教員連盟が結成されたが,30年1月の弾圧で壊滅した。それらの教訓から,同年8月非公然に全国的組織として日本教育労働者組合(教労)準備会が結成され,11月国定教科書反対,プロレタリア教育の建設,教員の生活擁護などの方針をかかげて創立大会が非公然にもたれ,日本労働組合全国協議会(全協)支持も決められた(のち,教労は全協一般使用人組合教育労働部となる)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

教員赤化事件
きょういんせっかじけん

教員が共産主義運動に直接間接に関係したとして検挙された事件。1928年(昭和3)の三・一五事件以後、共産主義運動に対する弾圧は過酷化し、30年結成の新興教育研究所(32年、新興教育同盟準備会となる)と日本教育労働者組合(31年、日本労働組合全国協議会日本一般使用人組合の教育労働部となる)などに関係した教員を「赤化教員」として弾圧することが相次いだ。とくに、32年7~12月の東京府市二十数校約60名の教員検挙事件、翌年2~4月の長野県65校138名の教員検挙事件が著名である。これらの組織以外をも含め、29~33年の弾圧は99件、検挙者716名(起訴73名)、休退職者486名で、1道3府36県にわたった。[佐藤能丸]
『黒滝チカラ他編『日本教育運動史2』(三一新書) ▽石戸谷哲夫著『日本教員史研究』(1967・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教員赤化事件の関連キーワード集団農場中ソ論争目に掛けるBRカールテオドール橋刀に懸けてもフォーコーツおこっぺ林文雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone