脳内出血(読み)のうないしゅっけつ

世界大百科事典 第2版の解説

のうないしゅっけつ【脳内出血 intracerebral hemorrhage】

脳内における出血をいい,一般に脳出血とか脳溢血(のういつけつ)といわれるものがこれにあたる。最も多いものは高血圧性脳内出血である。そのほかにも種々の原因で起こりうるが,頻度は低い。突然,頭痛,吐き気,嘔吐などで始まり,意識障害をきたし失禁,痙攣(けいれん)などを伴うことが多い。部位的にみると大脳半球の基底核部,とくに被殻の出血(外側型)が最も多い。病変と反対側の半身麻痺と知覚障害がみられ,共同偏視(左右の眼球が病変側へ向く),失語などをみることもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

のうない‐しゅっけつ ナウナイ‥【脳内出血】

〘名〙 脳の内部に起こった出血。脳出血。脳卒中。
※瀕死の青春(1957)〈井上友一郎〉五「どうやら脳内出血の疑いがあるというので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の脳内出血の言及

【髄液】より

… 髄液圧は,脳腫瘍,髄膜炎,水頭症などで上昇する。髄液の外見や細胞成分も重要で,脳内出血では血性となるが,乏血性梗塞(こうそく)ではならない。また化膿性髄膜炎では好中球がより増加し,ウイルス性あるいは真菌性髄膜炎ではリンパ球がより増加する。…

※「脳内出血」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脳内出血の関連情報