コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘瑞超 たちばなずいちょう

6件 の用語解説(橘瑞超の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橘瑞超
たちばなずいちょう

[生]1890.1.7.
[没]1968.11.4.
明治の末から大正にかけて活躍したアジア探検家。大谷光瑞の第2次,第3次中央アジア探検隊(→大谷探検隊)の一員。中央アジアインド各地で仏跡を探り,東西文化の交流に関する資料や仏典などを数多く収集した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たちばな‐ずいちょう〔‐ズイテウ〕【橘瑞超】

[1890~1968]探検家。愛知の生まれ。浄土真宗本願寺派僧侶。大谷光瑞(こうずい)探検隊の第2次・第3次中央アジア探検に参加し、敦煌(とんこう)などの遺跡を発掘。ウイグル文字の解読にも成功した。著作に「中亜探検」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

橘瑞超【たちばなずいちょう】

真宗の僧,探検家。1908年の第2次大谷探検隊に参加し,トゥルファン(吐魯番)などを経て単独で楼蘭ローラン)を探検。その後ロンドンでA.スタインストックホルムヘディンに会ったのち,再び中央アジアを探検。
→関連項目大谷光瑞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘瑞超 たちばな-ずいちょう

1890-1968 明治-昭和時代の僧,探検家。
明治23年1月7日生まれ。浄土真宗本願寺派22世大谷光瑞の弟子。明治41年から約4年間大谷探検隊の第2次・第3次西域探検に参加し,楼蘭(ろうらん)・敦煌(とんこう)遺跡を調査。帰国後ウイグル文字を研究し,その解読に成功した。愛知県興善寺住職。昭和43年11月4日死去。78歳。愛知県出身。幼名は曜弘。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たちばなずいちょう【橘瑞超】

1890‐1968(明治23‐昭和43)
浄土真宗本願寺派の僧侶。中央アジア探検で知られる。名古屋に生まれ,幼名は曜弘。1908年,大谷探検隊の第2次中央アジア探検に野村栄三郎とともに派遣された。ウランバートル,トゥルファン(吐魯番)を経てカラホージョ近辺の遺跡を訪ねたあと,単独で楼蘭(ろうらん)遺跡を探検。さらにカラコルム峠からカシミールに入った。そしてロンドンに渡り,A.スタインに会う。10年,ストックホルムでS.ヘディンの知遇を得てのち,タルバガタイを経由して,トゥルファンの調査に従った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たちばなずいちょう【橘瑞超】

1890~1968) 探検家。浄土真宗本願寺派の僧侶。名古屋生まれ。大谷探検隊に加わり、中央アジア各地を踏査。多くの仏典・古写経などを将来。著「中亜探険」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の橘瑞超の言及

【大谷探検隊】より

…西本願寺の法主大谷光瑞が主宰した日本唯一の中央アジア探検隊。第1次は1902‐04年,大谷光瑞,本多恵隆,井上弘円,渡辺哲信,堀賢雄,第2次は08‐09年,野村栄三郎,橘瑞超,第3次は10‐14年,橘瑞超,吉川小一郎によって行われ,仏教東漸の遺跡として,ホータン,クチャ,敦煌など中央アジア各地を調査した。その収集品は旅順,ソウル,東京の各博物館に,敦煌写経をはじめ古文書類は竜谷大学図書館に分蔵されている。…

※「橘瑞超」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

橘瑞超の関連キーワード羽田子雲西本願寺本願寺派お西勝興寺築地別院本願寺新報義教桂潭浄土真宗本願寺派

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone