コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘瑞超 たちばなずいちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橘瑞超
たちばなずいちょう

[生]1890.1.7.
[没]1968.11.4.
明治の末から大正にかけて活躍したアジア探検家。大谷光瑞の第2次,第3次中央アジア探検隊(→大谷探検隊)の一員。中央アジア,インド各地で仏跡を探り,東西文化の交流に関する資料や仏典などを数多く収集した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たちばな‐ずいちょう〔‐ズイテウ〕【橘瑞超】

[1890~1968]探検家。愛知の生まれ。浄土真宗本願寺派僧侶。大谷光瑞(こうずい)探検隊の第2次・第3次中央アジア探検に参加し、敦煌(とんこう)などの遺跡を発掘。ウイグル文字の解読にも成功した。著作に「中亜探検」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

橘瑞超【たちばなずいちょう】

真宗の僧,探検家。1908年の第2次大谷探検隊に参加し,トゥルファン(吐魯番)などを経て単独で楼蘭(ローラン)を探検。その後ロンドンでA.スタイン,ストックホルムでヘディンに会ったのち,再び中央アジアを探検。
→関連項目大谷光瑞

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘瑞超 たちばな-ずいちょう

1890-1968 明治-昭和時代の僧,探検家。
明治23年1月7日生まれ。浄土真宗本願寺派22世大谷光瑞の弟子。明治41年から約4年間大谷探検隊の第2次・第3次西域探検に参加し,楼蘭(ろうらん)・敦煌(とんこう)遺跡を調査。帰国後ウイグル文字を研究し,その解読に成功した。愛知県興善寺住職。昭和43年11月4日死去。78歳。愛知県出身。幼名は曜弘。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たちばなずいちょう【橘瑞超】

1890‐1968(明治23‐昭和43)
浄土真宗本願寺派の僧侶。中央アジア探検で知られる。名古屋に生まれ,幼名は曜弘。1908年,大谷探検隊の第2次中央アジア探検に野村栄三郎とともに派遣された。ウランバートル,トゥルファン(吐魯番)を経てカラホージョ近辺の遺跡を訪ねたあと,単独で楼蘭(ろうらん)遺跡を探検。さらにカラコルム峠からカシミールに入った。そしてロンドンに渡り,A.スタインに会う。10年,ストックホルムでS.ヘディンの知遇を得てのち,タルバガタイを経由して,トゥルファンの調査に従った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たちばなずいちょう【橘瑞超】

1890~1968) 探検家。浄土真宗本願寺派の僧侶。名古屋生まれ。大谷探検隊に加わり、中央アジア各地を踏査。多くの仏典・古写経などを将来。著「中亜探険」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の橘瑞超の言及

【大谷探検隊】より

…西本願寺の法主大谷光瑞が主宰した日本唯一の中央アジア探検隊。第1次は1902‐04年,大谷光瑞,本多恵隆,井上弘円,渡辺哲信,堀賢雄,第2次は08‐09年,野村栄三郎,橘瑞超,第3次は10‐14年,橘瑞超,吉川小一郎によって行われ,仏教東漸の遺跡として,ホータン,クチャ,敦煌など中央アジア各地を調査した。その収集品は旅順,ソウル,東京の各博物館に,敦煌写経をはじめ古文書類は竜谷大学図書館に分蔵されている。…

※「橘瑞超」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

橘瑞超の関連キーワード崑崙山脈昭和時代敦煌文書李柏文書古写経踏査

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android