数奇(読み)スウキ

デジタル大辞泉の解説

すう‐き【数奇】

[名・形動]《「数」は運命、「奇」は不運の意》
運命のめぐりあわせが悪いこと。また、そのさま。不運。「報われることのなかった数奇な人」
運命に波乱の多いこと。また、そのさま。さっき。「数奇運命にもてあそばれる」

さっ‐き〔サク‐〕【数奇】

[名・形動]すうき(数奇)」に同じ。「数奇な運命」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さっ‐き サク‥【数奇】

〘名〙 (形動) =すうき(数奇)
※路上(1919)〈芥川龍之介〉六「その女主人公と云ふのが、いろいろ数奇(サクキ)な運命に弄ばれた結果だね」

すう‐き【数奇】

〘名〙 (形動)
① (「数」は運命、「奇」は不遇の意) 運命のめぐりあわせが悪いこと。また、そのさま。ふしあわせ。不幸。不運。不遇。すき。
※本朝文粋(1060頃)六・申民部大輔状〈橘直幹〉「固知儒業之拙。摠是数奇之源也」
※柵草紙の山房論文(1891‐92)〈森鴎外〉早稲田文学の没理想「数奇失意の人は造化を怨み、自然を憤りて」 〔史記‐李広伝〕
② 運命がさまざまに大きく変化すること。運命に波乱のあること。また、そのさま。数奇(さっき)
※海潮音(1905)〈上田敏訳〉ボドレエル評「人に叛き世に抗する数奇の放浪児が為に」

す‐き【数奇】

〘名〙 (「数」は運命、「奇」は不遇の意) 不遇なめぐりあわせ。ふしあわせな運命。不幸。不運。すうき。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報