数奇(読み)スウキ

  • ▽数奇
  • さっき
  • さっき サク‥
  • さっき〔サク〕
  • すき

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]《「数」は運命、「奇」は不運の意》
運命のめぐりあわせが悪いこと。また、そのさま。不運。「報われることのなかった数奇な人」
運命に波乱の多いこと。また、そのさま。さっき。「数奇運命にもてあそばれる」
[名・形動]すうき(数奇)」に同じ。「数奇な運命」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動
すうき(数奇)に同じ。 轗軻かんか-なるは我身の上なりければなり/舞姫 鷗外
名 ・形動 [文] ナリ 
は運命、は食い違うの意 ふしあわせ。不運。また、そのさま。さっき。 -な運命をたどる
運命がさまざまに変化すること。また波乱に満ちているさま。 -な生涯

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) =すうき(数奇)
※路上(1919)〈芥川龍之介〉六「その女主人公と云ふのが、いろいろ数奇(サクキ)な運命に弄ばれた結果だね」
〘名〙 (形動)
① (「数」は運命、「奇」は不遇の意) 運命のめぐりあわせが悪いこと。また、そのさま。ふしあわせ。不幸。不運。不遇。すき。
※本朝文粋(1060頃)六・申民部大輔状〈橘直幹〉「固知儒業之拙。摠是数奇之源也」
※柵草紙の山房論文(1891‐92)〈森鴎外〉早稲田文学の没理想「数奇失意の人は造化を怨み、自然を憤りて」 〔史記‐李広伝〕
② 運命がさまざまに大きく変化すること。運命に波乱のあること。また、そのさま。数奇(さっき)
※海潮音(1905)〈上田敏訳〉ボドレエル評「人に叛き世に抗する数奇の放浪児が為に」
〘名〙 (「数」は運命、「奇」は不遇の意) 不遇なめぐりあわせ。ふしあわせな運命。不幸。不運。すうき。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

数奇の関連情報