コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛青 えいせいWei Qing; Wei Ch`ing

6件 の用語解説(衛青の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衛青
えいせい
Wei Qing; Wei Ch`ing

[生]?
[没]元封5(前106)
中国,前漢の武帝時代の武将。字は仲卿。河東平陽 (山西省臨汾県) の人。父の鄭季は平陽侯に仕え,その妾衛媼と通じて青を生んだ。姉の衛子夫は武帝の寵愛を得,やがて皇后となった。元光5 (前 130) 年車騎将軍として匈奴を討伐したのをはじめ,前後7回にわたって遠征し,武勲を立て,長平侯に封じられ,大将軍,大司馬に任じられて勢威を誇り,3子もそれぞれ侯に封じられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えい‐せい〔ヱイ‐〕【衛青】

[?~前106]中国、前漢の武将。字(あざな)は仲卿。諡(おくりな)は烈侯。霍去病(かくきょへい)の叔父。武帝に重用され、匈奴(きょうど)の討伐に功を立て、大司馬(だいしば)の地位を得た。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

衛青【えいせい】

中国,前漢の武帝の代の武将。衛皇后の弟。低い身分の出身であったが姉とともに取り立てられ,前130年より将軍として匈奴(きょうど)を討つこと7回。大功をあげた。
→関連項目霍去病

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいせい【衛青 Wèi Qīng】

?‐前106
中国,前漢武帝時代の将軍。平陽(山西省臨汾県)の人,字は仲卿。平陽侯の妾衛媼(えいおう)の私生児であったが,同母の姉の衛子夫(後の衛皇后)が武帝の寵愛をうけると,彼も宮中に仕えて武帝に才能を認められる。前130年(元光5)に車騎将軍となり,以来11年間に7回匈奴を討って輝かしい武勲をたてた。それらの功により前127年(元朔2)には長平侯に封ぜられ,前124年には大将軍,さらには大司馬の官を授けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えいせい【衛青】

?~前106) 中国、前漢の将軍。諡おくりなは烈侯。武帝の妃の弟。匈奴きようどとの戦いに功をあげ、甥おいの霍去病かくきよへいとともに大司馬に任ぜられた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衛青
えいせい
(?―前106)

中国、前漢武帝期の将軍。字(あざな)は仲卿(ちゅうけい)、諡(おくりな)は烈侯。平陽(山西省臨汾(りんふん)県)の人。母は平陽侯の家に仕えた婢(ひ)であり、異父の兄弟姉妹とともに母姓を名のった。姉の子夫(しふ)(のちに衛皇后)が武帝の後宮に入ったため、取り立てられて官途につき、やがて車騎(しゃき)将軍として対匈奴(きょうど)戦に大功をたて、長平侯に封ぜられた。その後も甥(おい)の驃騎(ひょうき)将軍霍去病(かくきょへい)ともども外征に従事し、多くの武勲をあげて大将軍となり、ついで霍去病とともに武官の最高位である大司馬(だいしば)に任ぜられた。衛青の墓は、霍去病のものと並んで、武帝の茂陵(もりょう)の陪葬墓として西安市の西郊に残っている。[尾形 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

衛青の関連キーワードシーボーギウム送達佩文韻府豊作衛星航法人工授精佩文韻府アパルトヘイト犯罪条約ひかりの輪(改正)建築基準法

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

衛青の関連情報