コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文理解釈 ぶんりかいしゃくgrammatische Ausle-gung; grammatical interpretation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文理解釈
ぶんりかいしゃく
grammatische Ausle-gung; grammatical interpretation

法律の言葉,文章の意味を,文規則および通常の言葉の用法から確定する解釈方法。文法解釈と文字解釈とに分けていう場合もある。実定法が成文化されているかぎり文理解釈は法解釈の出発点である。同一の条文について複数の文理解釈が成立する場合には,論理解釈目的論的解釈などを用いることとなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんり‐かいしゃく【文理解釈】

法律の解釈において、条文中の語句や文章の文法的な意味を重視する方法。⇔論理解釈

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんりかいしゃく【文理解釈】

法規の解釈において、その法文の字句や文章の意味を文法的に明らかにすることを中心としてなされる解釈。 ↔ 論理解釈

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文理解釈
ぶんりかいしゃく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の文理解釈の言及

【法の解釈】より

…裁判の過程は事実の認定と法の適用に大別されるが,法の解釈は法の適用に際して法文の意味を明晰化する作業である。解釈をまったく必要としない明確で一義的な法文はごくわずかであり,また法が社会観念の変化に対応しつつつねにもれなく規定することはできないから,法の解釈は法の適用に不可欠の作業であり,古くからさまざまな解釈技術が考案されてきており,そのうち伝統的には文理解釈と体系的解釈ないし論理解釈に区分されてきた。(1)文理解釈 法文の意味を通常の文法の知識とその法文を構成する語の通常の意味にしたがって説明することである。…

※「文理解釈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

文理解釈の関連キーワード法(社会規範)共謀共同正犯法解釈学法律法文法匪

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文理解釈の関連情報