斎王(読み)サイオウ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

斎王

宮中では神への崇敬の念を表すため、未婚の皇女をささげて、神のそばにつかわせる習わしがあった。下鴨と上賀茂の両神社の王に先立ち、伊勢神宮にもささげられており、伊勢の斎王を斎宮(さいくう)と呼ぶこともある。伊勢では14世紀前半までの660年間で60人以上が選ばれた。

(2009-04-15 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいおう【斎王】

〈いつきのみこ〉ともいい,伊勢神宮または賀茂神社に奉仕する未婚の皇女。伊勢神宮は斎宮(さいぐう),賀茂神社は斎院(さいいん)といって区別した。斎院斎宮

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いつきのみこ【斎王】

さいおう【斎王】

伊勢神宮や賀茂神社の祭祀さいしに奉仕した未婚の内親王または女王。一般には伊勢神宮の斎宮を指すことが多く、賀茂神社のほうは斎院と呼ばれる。天皇の即位時に卜定ぼくじようされ、その天皇一代の間つとめるのを原則とした。いつきのみこ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の斎王の言及

【斎院】より

…賀茂神社に奉仕する未婚の皇女もしくは王女。斎王(さいおう∥いつきのみこ),賀茂斎院ともいう。伊勢神宮の斎宮にならって設置された。…

【斎院】より

…賀茂神社に奉仕する未婚の皇女もしくは王女。斎王(さいおう∥いつきのみこ),賀茂斎院ともいう。伊勢神宮の斎宮にならって設置された。…

【斎宮】より

…古代・中世において代々の天皇の即位ごとに,天照大神の御杖代(みつえしろ)として伊勢に派遣された斎王と,その宮殿官衙施設をいう。〈いつきのみや〉ともいった。…

【野宮】より

…伊勢の斎宮(さいぐう),賀茂の斎院(さいいん)に移る前に斎王が潔斎のために入る所。伊勢の斎宮の場合は京で3年潔斎するが,卜定(ぼくじよう)されるとまず宮城内の初斎院,次いで野宮に約1年ずつ入り,その後伊勢に向かった。…

※「斎王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斎王の関連情報