コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤博 さいとうひろし

2件 の用語解説(斎藤博の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斎藤博
さいとうひろし

[生]1886.12.24. 新潟
[没]1939.2.26. ワシントン
外交官,駐米大使。満州事変以後の多難な時代に,外務大臣広田弘毅により 1933年 12月 10日オランダ公使からアメリカ大使に抜擢され,日米関係の打開に努めた。その人柄は抜群の語学力と相まってアメリカ朝野から信頼を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤博 さいとう-ひろし

1886-1939 大正-昭和時代前期の外交官。
明治19年12月24日生まれ。外務省情報部長,駐オランダ公使などをへて,昭和8年駐米大使となる。12年中国で日本軍機が米艦を撃沈したパネー号事件で,政府の訓令をまたず全米中継放送で釈明,危機回避につとめた。昭和14年2月26日ワシントンで死去。54歳。遺骨は米軍艦によって送還されるという栄誉をうけた。新潟県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

斎藤博の関連キーワード小日山直登杉山幹筒井英雄中井哲仁木独人根岸耕一広津政二松崎寿安田源右衛門和田信夫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斎藤博の関連情報