コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造湖 コウゾウコ

3件 の用語解説(構造湖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうぞう‐こ〔コウザウ‐〕【構造湖】

断層褶曲(しゅうきょく)などの地殻変動によって生じたくぼみに、水がたまってできた湖。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

構造湖【こうぞうこ】

地殻の変動によって生じた湖。バイカル湖アフリカ大地溝の湖,諏訪湖などのように断層地溝に生まれた断層湖,日本に多いカルデラ湖(以上の両者は陥没湖),そのほか褶曲(しゅうきょく)や曲隆によるくぼみに生じた比較的大きな湖などが含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

構造湖
こうぞうこ

断層や褶曲(しゅうきょく)、曲降(地盤が緩やかに下にたわむ変動)などのように、大規模に地層を変位させる造陸運動(構造運動)によって湖盆が形成された湖。一般に、湖の成因にはこのほか、火山活動、堆積(たいせき)作用などがあるが、構造湖の例には、面積が大きく深度の大きい湖が多い。断層によるもの(琵琶湖(びわこ)、諏訪湖(すわこ)、バイカル湖、死海、タンガニーカ湖)、造陸運動によるもの(カスピ海、アラル海)、曲降によるもの(ビクトリア湖、チチカカ湖)などに大別される。[森 和紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の構造湖の言及

【湖沼】より

…乾燥地域の湖では年変化が大きく,表面積の値にあまり意味はない。最大深度も平水位で示し,世界最深の湖はバイカル湖(1620m)で,世界の深湖は構造性の湖(構造湖)が多い。日本では田沢湖(423.4m)がいちばん深い。…

※「構造湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

構造湖の関連キーワード断層湖地殻変動縁生カール湖ジュラ投機取引バイカル海豹Листвянка余効変動リグレッション分析

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone