コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造湖 コウゾウコ

百科事典マイペディアの解説

構造湖【こうぞうこ】

地殻の変動によって生じた湖。バイカル湖,アフリカ大地溝の湖,諏訪湖などのように断層地溝に生まれた断層湖,日本に多いカルデラ湖(以上の両者は陥没湖),そのほか褶曲(しゅうきょく)や曲隆によるくぼみに生じた比較的大きな湖などが含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

構造湖
こうぞうこ

断層や褶曲(しゅうきょく)、曲降(地盤が緩やかに下にたわむ変動)などのように、大規模に地層を変位させる造陸運動(構造運動)によって湖盆が形成された湖。一般に、湖の成因にはこのほか、火山活動、堆積(たいせき)作用などがあるが、構造湖の例には、面積が大きく深度の大きい湖が多い。断層によるもの(琵琶湖(びわこ)、諏訪湖(すわこ)、バイカル湖、死海、タンガニーカ湖)、造陸運動によるもの(カスピ海、アラル海)、曲降によるもの(ビクトリア湖、チチカカ湖)などに大別される。[森 和紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の構造湖の言及

【湖沼】より

…乾燥地域の湖では年変化が大きく,表面積の値にあまり意味はない。最大深度も平水位で示し,世界最深の湖はバイカル湖(1620m)で,世界の深湖は構造性の湖(構造湖)が多い。日本では田沢湖(423.4m)がいちばん深い。…

※「構造湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

構造湖の関連キーワードホブスゴル・ノール[湖]トゥルカナ[湖]カレドニア運河ビクトリア湖仁科三湖琵琶湖興凱湖中綱湖地溝湖地殻湖沼

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android