コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斯波園女 シバソノメ

4件 の用語解説(斯波園女の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しば‐そのめ【斯波園女】

1664~1726]江戸中期の女流俳人。伊勢の人。医師の夫、斯波一有とともに芭蕉の門下。夫の没後、江戸に出て榎本其角(えのもときかく)らと交際。著「菊の塵」「鶴の杖」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斯波園女 しば-そのじょ

1664-1726 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文4年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)山田の人。同地の眼科医で俳人の斯波渭川(いせん)と結婚後,松尾芭蕉(ばしょう)に入門。元禄(げんろく)5年(1692)大坂にうつり,雑俳点者となる。夫の死後,江戸深川にうつり,医業をつぐかたわら点業をつづけた。享保(きょうほう)11年4月20日死去。63歳。本姓は秦(はた),または度会(わたらい)。名は園。号は「そのめ」ともよむ。編著に「菊の塵」「鶴の杖」。
【格言など】お(負)ほた子に髪なぶらるゝ暑サかな(「陸奥鵆(むつちどり)」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

斯波園女

没年:享保11.4.20(1726.5.21)
生年:寛文4(1664)
江戸前期の俳人で蕉門の女性俳人として著名。伊勢の人,のち大坂に住む。夫の一有も俳人として知られた。元禄7(1694)年園女宅を訪れた芭蕉は,その人柄を称えて「白菊の目にたててみる塵もなし」という句を贈ったが,雑俳の流行とともに雑俳点者として活躍した。夫の死後江戸へ出て眼科医をしながら俳諧を続けたが,世事に疎く,着物の袖下の紅絹を切って下駄の鼻緒にするような人物であったと,彼女の60歳の賀集『鶴の杖』に記されている。<参考文献>田村富美子「斯波園女」(明治書院『俳句講座』3巻)

(田中善信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斯波園女
しばそのめ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斯波園女の関連キーワード常行金道(3代)感随斎藤雇繒高丘季起高橋羽笠(2代)太兵衛柘植善九郎槙島昭武明珍宗介

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone