コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新ひだか町 しんひだか

1件 の用語解説(新ひだか町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新ひだか町
しんひだか

北海道南部,太平洋に面する町。日高山脈の西麓に広がり,西部を静内川が南西流し太平洋に注ぐ。 2006年静内町と三石町が合体して成立。町域のほとんどを丘陵地帯が占める。軽種馬産業が盛んで競走馬の町として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新ひだか町の関連キーワード苫小牧登別えりも[町]三石[町]北海道幌泉郡えりも町北海道様似郡様似町北海道日高〈振興局〉北海道沙流郡日高町三石〈町〉北海道勇払郡むかわ町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新ひだか町の関連情報