コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静内川 しずないがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静内川
しずないがわ

北海道日高山脈中央部に源を発し,南西方へ流れて,新ひだか町で太平洋に注ぐ川。全長約 68km。旧称染退川 (しべちゃりがわ) 。新ひだか町農屋 (のや) より上流は,シュンベツ川,メナシベツ川の支流に分かれ,メナシベツ川中流に人造湖の静内湖がある。農屋より河口にいたる約 20kmの下流域には農地が開け,右岸の御園地区に家畜改良センター新冠牧場,北海道大学北方生物圏フィールド科学センター静内研究牧場がある。流域の5ヵ所のチャシ跡が,シベチャリ川流域のチャシ跡群として国の史跡に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

静内川の関連キーワードシベチャリ川流域チャシ跡群及びアッペツチャシ跡北海道日高郡新ひだか町新ひだか(町)静内御殿山遺跡静内[町]静内〈町〉オニビシ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android