コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静内 しずない

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静内
しずない

北海道南部,新ひだか町西・北部の旧町域。日高山脈の西麓に広がり太平洋に面する。 1931年町制施行。 2006年三石町と合体して新ひだか町となった。地名はアイヌ語シュツナイ (山のふもとにある川の意) に由来。 1871年徳島藩士が集団移住してから開拓が進んだ。米作,競走馬育成などの農畜産業,沿岸漁業および製材,合板,家具,建具などの木材加工が行なわれる。静内川中流にあった新冠御料牧場は,第2次世界大戦後の 1947年,農林省所管となり,乳牛の育成改良業務を行なう新冠種畜牧場となった。 2001年,農林水産省の所管から家畜改良センター新冠牧場に改組した。アイヌの城址シベチャリのチャシ跡を含む静内川流域の5ヵ所のチャシ跡が国の史跡に指定されている。また,先住民族の墓地といわれる静内御殿山墳墓群がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しずない【静内】

北海道南部、日高郡新ひだか町の地名。日本有数の競走馬の産地。海岸段丘上にシャクシャインの戦いの砦跡がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静内
しずない

北海道中南部、日高(ひだか)支庁(現、日高振興局)管内にあった旧町名(静内町(ちょう))。現在は日高郡新ひだか(しんひだか)町の北部を占める地域。旧静内町は1931年(昭和6)町制施行。2006年(平成18)、三石(みついし)郡三石町と合併して新ひだか町となる。地名はアイヌ語シュツ・ナイ(麓(ふもと)の川、祖母の沢などの意)の転訛(てんか)。旧町域は、静内川の流域が大半を占め、同河川の中・下流域以外は平地に乏しい。海岸沿いをJR日高本線、国道235号が通じる。静内川河口の静内市街付近はシブチャリの地名で古くから知られたアイヌ居住地で、1669年(寛文9)の首長シャクシャインの戦いは松前藩に対する最後のアイヌの抵抗として有名。その砦跡(とりであと)であるシャクシャインのチャシ跡は市街近くの海岸段丘上に残る。明治以後、流域に旧徳島藩の淡路島稲田家中の集団移住、開拓使牧場(家畜改良センター新冠(にいかっぷ)牧場の前身)の開設により、稲作や軽種馬(サラブレッド)生産などの農業開発が進んだ。第二次世界大戦後の静内川上流の電源開発で、木材、窯業、食品などの製造業や商業も発展し、日高本線沿線でもっとも活気ある市街を形成した。日本軽種馬協会北海道市場は馬のせり市でにぎわう。静内産米は「万馬券」の銘柄で人気がある。シャクシャイン記念館、アイヌ民俗資料館などの文化施設のほか、新冠牧場内には約8キロメートルに及ぶ「二十間道路桜並木」がある。[柏村一郎]
『『静内町史』(1975・静内町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

静内の関連キーワードシベチャリ川流域チャシ跡群及びアッペツチャシ跡北海道日高郡新ひだか町静内古川町北海道日高郡新ひだか町東静内北海道日高郡新ひだか町シャクシャインの戦シベチャリチャシ三石(北海道)新ひだか(町)新ひだか[町]静内御殿山遺跡シャクシャイン日高(支庁)オニビシの姉高橋 ひろ稲田 邦植静内[町]御殿山遺跡ペテガリ岳静内〈町〉入船南小島

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静内の関連情報