コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新国史 しんこくし

2件 の用語解説(新国史の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんこくし【新国史】

日本古代の国家編纂の史書。《日本三代実録》に次ぐ。936年(承平6)から969年(安和2)にかけて撰国史所が置かれ,大江朝綱らが別当として史書の編纂にあたったことが知られるが,未定稿のままに終わったとみられる。12世紀の《通憲入道蔵書目録》等に見え,宇多・醍醐天皇代40巻のものと,朱雀天皇代の記事を加えた50巻のものとがあったらしい。現在散逸し,逸文のみ残る。【笹山 晴生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新国史
しんこくし

平安中期の編纂(へんさん)とされる官撰(かんせん)の歴史書。『日本三代実録』を継ぐもので『続三代実録』ともいわれるが、現存せず内容は不明。『本朝書籍目録(ほんちょうしょじゃくもくろく)』(鎌倉後期の成立と推定)には「新国史四十巻、朝綱(ともつな)撰、或(あるい)ハ清慎公(せいしんこう)撰、仁和(にんな)ヨリ延喜(えんぎ)ニ至ル」とあり、『拾芥抄(しゅうがいしょう)』(鎌倉中期に原形成立)には「新国史五十巻、村上(むらかみ)ノ御時、小野宮殿、仰セヲ奉リテコレヲ撰(えら)バル、或ハ続三代実録ト号ス」とある。『類聚符宣抄(るいじゅうふせんしょう)』(第10、撰国史所)の記事をあわせて考えると、清慎公(小野宮左大臣藤原実頼(さねより))のもとで撰国史所別当大江朝綱らが編修にあたり、その内容は宇多(うだ)・醍醐(だいご)天皇の2代(40巻)、または朱雀(すざく)天皇を加えた3代(50巻)の国史と推定される。しかし完成奏上の記録がなく、諸書に散見する逸文が国史の文として整っていないことから、この『新国史』は未定稿であったとも推測されている。[谷口 昭]
『和田英松著『本朝書籍目録考証』(1936・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新国史の関連キーワード旧辞三代実録史料編纂所正史日本三代実録李朝実録六国史蔵鉤功満王吉田晶

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新国史の関連情報