コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新村猛 しんむら たけし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新村猛 しんむら-たけし

1905-1992 昭和-平成時代のフランス文学者。
明治38年8月2日生まれ。新村出(いずる)の次男。雑誌「世界文化」でヨーロッパの反ファシズム文化運動を紹介し,昭和12年治安維持法違反で検挙される。戦後,同志社大,名大の教授,橘女子大学長などをつとめ,民主・平和運動にもつくす。父とともに「広辞苑」の編集にかかわり,父の死後その改訂につとめた。平成4年10月31日死去。87歳。東京出身。京都帝大卒。著作に「フランス文学研究序説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

新村猛【しんむらたけし】

フランス文学者・言語学者。東京都出身。父は言語学者の新村出(いずる)。京都帝国大学(現,京都大学)文学部卒業。同志社大学予科の教授だった1937年に,雑誌《世界文化》にヨーロッパの反ファシズム人民戦線運動を紹介して治安維持法違反に問われ,1年10ヵ月の間投獄された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の新村猛の言及

【鎌倉アカデミア】より

…しかし,同じころに市民大学,自由大学を構想した京都人文学園(1946年6月設立。新村猛園長をはじめ,久野収,鶴見俊輔らを講師とし,男女共学,自由聴講制,試験制度なし,卒業免状なしという徹底した方針をとった。50年春廃校)とともに,敗戦直後の混乱期にユニークな役割を担った在野の学校であり,学問,芸術の分野に多くの人材を送り出した。…

※「新村猛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

新村猛の関連キーワードロラン(Romain Rolland)ブロック(Marc Bloch)ダランベールの夢岩波書店[株]ランジュバン加古祐二郎真下信一ディドロ久野 収恩貸地制従士制ロラン社会史

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新村猛の関連情報