コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新淀川 しんよどがわ

3件 の用語解説(新淀川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新淀川
しんよどがわ

大阪府を流れる淀川下流の人工の放水路。大阪市都島区毛馬 (けま) から分水,南西流して大阪湾に注ぐ。長さ 7km,川幅約 800m。淀川の洪水対策として 1898年着工,1909年に完成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんよどがわ【新淀川】

大阪市北部を流れて大阪湾に注ぐ淀川の下流。都島区毛馬(けま)町の毛馬閘門(こうもん)で旧淀川の大川を分岐してから河口までの区間9.8kmをさす。淀川の下流はもと神崎川,中津川,大川に分かれて大阪湾に入っていたが,1885年の大洪水を契機に住民による河川改修運動が激化し,97年に淀川改良工事が着手された。その最重点区間である新淀川放水路の開削が完成したのは6年後で,大型土木機械を使用した日本最初の大規模な河川工事であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新淀川
しんよどがわ

大阪市の北部を流れる淀川下流の放水路。都島(みやこじま)区毛馬(けま)で旧本流から分かれ、ほぼ直線状に大阪湾に注ぐ。1885年(明治18)の大洪水後、治水のため開削された全長約10キロメートル、幅員約800メートルの新川で、1898年長柄(ながら)運河掘削から着工、1910年(明治43)完成。毛馬の洗堰(あらいぜき)で旧本流に必要な水だけを流し、市街地を洪水から守る役目を果たす。現在は河川行政上、新淀川流路を単に淀川、旧本流を旧淀川とよぶ。[前田 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone