コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新淀川 しんよどがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新淀川
しんよどがわ

大阪府を流れる淀川下流の人工の放水路。大阪市都島区毛馬 (けま) から分水,南西流して大阪湾に注ぐ。長さ 7km,川幅約 800m。淀川の洪水対策として 1898年着工,1909年に完成した。 65年の河川名称変更で,この新淀川を淀川とし,毛馬から中心市街地を貫流するもとの淀川を旧淀川と呼ぶことになった。現在,河川には淀川河川公園が整備され,レクリエーションに活用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんよどがわ【新淀川】

大阪市北部を流れて大阪湾に注ぐ淀川の下流。都島区毛馬(けま)町の毛馬閘門(こうもん)で旧淀川の大川を分岐してから河口までの区間9.8kmをさす。淀川の下流はもと神崎川中津川,大川に分かれて大阪湾に入っていたが,1885年の大洪水を契機に住民による河川改修運動が激化し,97年に淀川改良工事が着手された。その最重点区間である新淀川放水路開削が完成したのは6年後で,大型土木機械を使用した日本最初の大規模な河川工事であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新淀川
しんよどがわ

大阪市の北部を流れる淀川下流の放水路。都島(みやこじま)区毛馬(けま)で旧本流から分かれ、ほぼ直線状に大阪湾に注ぐ。1885年(明治18)の大洪水後、治水のため開削された全長約10キロメートル、幅員約800メートルの新川で、1898年長柄(ながら)運河掘削から着工、1910年(明治43)完成。毛馬の洗堰(あらいぜき)で旧本流に必要な水だけを流し、市街地を洪水から守る役目を果たす。現在は河川行政上、新淀川流路を単に淀川、旧本流を旧淀川とよぶ。[前田 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

新淀川の関連キーワード伝法(大阪市の地名)福島(大阪市)西淀川[区]大阪(市)大阪平野天神橋筋淀川区大淀十三北区長柄

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android