コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新美南吉 にいみなんきち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新美南吉
にいみなんきち

[生]1913.7.30. 愛知,半田
[没]1943.3.22. 愛知
童話作家。 1936年東京外国語学校英文科卒業。『正坊とクロ』 (1931) ,『ごん狐』 (32) などにより鈴木三重吉に認められ,北原白秋,与田凖一らの知遇も得たが,最初の童話集『おじいさんのランプ』 (42) を残したのみで結核のため夭折した。没後『牛をつないだ椿の木』 (43) ,『花のき村と盗人たち』 (43) などが刊行され,その近代性が再評価された。ほかに小説集『花を埋める』 (46) ,詩集『墓碑銘』 (62) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新美南吉

1913(大正2)年生まれ、本名・新美正八(しょうはち)。31~36年に東京で活動し、北原白秋や門人で童謡たきび」の作詞で知られる巽(たつみ)聖歌らと交流。帰郷後、安城高等女学校(現・愛知県立安城高校)などで教壇に立った。43年に結核のため29歳で死去。聖歌が南吉の童話集などの出版を続けた。 初めて南吉の作品が教科書に載ったのは、53年度の東陽書籍の「おぢいさんのランプ」。翌年度には大阪書籍に「手ぶくろを買いに」が「森の子ぎつね」と題を変えて載った。その後、「赤いろうそく」「きょ年の木」「あめ玉」などの作品も掲載された。

(2016-06-20 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

新美南吉【にいみなんきち】

児童文学者。愛知県生れ。本名正八。東京外語卒。鈴木三重吉に見いだされ,《赤い鳥》に童話や童謡を発表,1942年,童話集《おぢいさんのランプ》で認められた。生活に密着したユーモアのある作品で,将来を嘱望されたが,翌年没した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新美南吉 にいみ-なんきち

1913-1943 昭和時代前期の児童文学者。
大正2年7月30日生まれ。昭和6年から「赤い鳥」に童話・童謡を投稿し,「ごん狐」などが掲載される。病気とたたかいながら童話集「おぢいさんのランプ」などを発表。昭和18年3月22日死去。31歳。死後,童話集「花のき村と盗人たち」「牛をつないだ椿の木」などが刊行され,たかく評価された。愛知県出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。旧姓は渡辺。本名は正八。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にいみなんきち【新美南吉】

1913‐43(大正2‐昭和18)
児童文学者。愛知県の生れ。本名渡辺正八。東京外語英語部卒業。半田中学在学中から《少年俱楽部》《愛誦》などの諸雑誌に投稿したり,級友たちと作品朗読会を開くほか,同人誌《オリオン》を出すなど,早熟な文学少年であった。1931年の中学卒業前後に書いた《ごん狐》《正坊とクロ》などの童話が鈴木三重吉に認められて《赤い鳥》に掲載され,その縁で巽聖歌,与田準一などの同人誌《チチノキ》に参加,多くの童謡を発表した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にいみなんきち【新美南吉】

1913~1943) 児童文学者。愛知県生まれ。本名、正八。民話的な題材をユーモアと善意をもって描く。作「ごんぎつね」「おぢいさんのランプ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新美南吉
にいみなんきち
(1913―1943)

児童文学者。大正2年7月30日、愛知県半田町(現半田市)に生まれる。本名正八(しょうはち)。10代の末にすでに『赤い鳥』に投稿、「ごんぎつね」その他が掲載された。1932年(昭和7)東京外国語学校英語部入学、小説、童話、童謡を書く。卒業後、貿易商に勤務したが喀血(かっけつ)で帰郷。不遇な時代を経て、38年安城(あんじょう)高等女学校教諭となる。友人江口榛一(えぐちしんいち)の尽力で『哈爾賓(ハルピン)日日新聞』に「最後の胡弓(こきゅう)ひき」などを、また巽聖歌(たつみせいか)編の『新児童文化』に「川」「嘘(うそ)」などを発表。41年『良寛物語・手毬(てまり)と鉢の子』を、42年第一童話集『おぢいさんのランプ』を刊行。同年5月には、郷里を背景に古き懐かしき時代の善人を民話的スタイルで書いた「牛をつないだ椿(つばき)の木」「百姓の足・坊さんの足」ほか数編の傑作を集中的に書くが、翌年3月22日咽喉(いんこう)結核で没。死後、第二童話集『牛をつないだ椿の木』、第三童話集『花のき村と盗人(ぬすびと)たち』(ともに1943)が刊行された。その作品は第二次世界大戦後高く評価され、宮沢賢治と並び称せられるに至る。[浜野卓也]
『『校定新美南吉全集』12巻・別巻2(1980~83・大日本図書) ▽『おじいさんのランプ』(偕成社文庫・フォア文庫・ポプラ社文庫) ▽『牛をつないだ椿の木』(角川文庫) ▽『花のき村と盗人たち』(講談社文庫) ▽佐藤通雅著『新美南吉童話論』(1970・牧書店) ▽浜野卓也著『新美南吉の世界』(1973・新評論/講談社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の新美南吉の言及

【児童文学】より

…これは,回想的・私小説的方法とともに,児童文学から物語性に富んだおもしろさをうばいとり,子どもを通俗文学のとりことして放置する結果を生んだ。その間にあって,宮沢賢治,新美南吉の童話は想像ゆたかな物語性で異色を放ち,また幼年童話における浜田広介は独特な調子で近代説話を語り,それぞれ戦中・戦後にわたって広範な読者をもった。 第2次世界大戦後,平和と民主主義という新しい価値観の到来とともに,《赤とんぼ》《銀河》《子供の広場》など文化的・進歩的な児童雑誌の創刊があいつぎ,一種熱っぽい状況のなかで,石井桃子《ノンちゃん雲に乗る》(1947),竹山道雄《ビルマの竪琴(たてごと)》(1948),壺井栄《二十四の瞳》(1952)など今日にも残る作品が生まれた。…

※「新美南吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新美南吉の関連キーワード五月のはじめ、日曜日の朝うそつきト・モ・ダ・チへびいちごをめしあがれ少年釣り師・住谷陽平愛知県半田市岩滑西町風のローラースケートわたしが妹だったときあしたもあ・そ・ぼ遠くて近いものたち雨のにおい星の声西の魔女が死んだ日めくりのすきまミックスジュースサイテーなあいつポーラをさがしてぬくい山のきつねどこかいいところパジャマガールぼくのお姉さん新美南吉記念館

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新美南吉の関連情報