コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喉頭結核 コウトウケッカク

デジタル大辞泉の解説

こうとう‐けっかく【喉頭結核】

肺の結核病巣から結核菌喉頭に運ばれて起こる二次性の結核。声がしわがれ、物をのみ込むときに痛みがあり、せき・たんが増えるなどの症状を呈する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

喉頭結核【こうとうけっかく】

肺結核と合併することが最も多い。症状は,声がかすれ,咳(せき)が多く,嚥下(えんげ)痛などがある。喉頭鏡でみると片側の声帯に充血・腫脹(しゅちょう)などの病変があるのが特徴。
→関連項目結核

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

家庭医学館の解説

こうとうけっかく【喉頭結核】

 排菌(はいきん)している肺結核に続いて喉頭に結核性の病変がおこったものです。
 喉頭粘膜(こうとうねんまく)に生じた小さな損傷部位から、たんに含まれる結核菌が感染することが多いのですが、粟粒結核(ぞくりゅうけっかく)(コラム「粟粒結核」)などでは、血行性感染もあると考えられています。
 声帯(せいたい)に病変を生じた場合は、片側性声帯炎(へんそくせいせいたいえん)のかたちをとることが多いとされています。
 潰瘍(かいよう)や肉芽(にくげ)(炎症による結合組織や血管のかたまり)が喉頭粘膜に形成されるため、慢性喉頭炎より喉頭がん(「喉頭がん」)との鑑別を必要とすることが多いものです。片側性慢性声帯炎があるときは、喉頭結核か声門型喉頭がんを疑う必要があるといえます。
 以前に比較して結核性の病気は非常に減少していますが、まったくなくなったわけではありません。喉頭結核は、決して忘れてはならない喉頭の病気の1つといえます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

こうとうけっかく【喉頭結核】

喉頭部の結核症。肺結核から続発することが多い。しわがれ声・嚥下痛えんげつう、痰たんなどの分泌過多、咳を主徴とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喉頭結核
こうとうけっかく

結核菌によって喉頭が冒されたもので、結核に対する化学療法剤の発見以後その頻度は著しく減少はしているが、ときにみられる。以前は重症の肺結核の合併症としておこることが多かったが、最近では原発巣がほとんど不明なものが多くなっている。一側声帯炎や、喉頭蓋(がい)炎ないし腫瘍(しゅよう)という型が多く、喉頭癌(がん)と間違われることがある。症状も、喉頭癌に似て嗄声(させい)(しわがれ声)が多いが、潰瘍(かいよう)ができると疼痛(とうつう)がひどい。確定診断は病理組織学的に行う。治療は抗結核剤が著効を示す。[河村正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

喉頭結核の関連キーワード肺外結核のいろいろしわがれ声長塚 節喉頭癌長塚節パス主徴

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android