コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新鳥蘇 シントリソ

世界大百科事典 第2版の解説

しんとりそ【新鳥蘇】

雅楽,舞楽の曲名。高麗(こま)楽にふくまれ高麗壱越(いちこつ)調。6人(あるいは4人)舞の文ノ舞(平舞)。高麗楽の四大曲(《新鳥蘇》《古鳥蘇》《進走禿(しんそうとく)》《退走禿(たいそうとく)》)の一つ。《新鳥蘇》にだけ用いる前奏《納序》があるので納序曲ともいう。番舞(つがいまい)は《蘇合香そごうこう)》。右方襲(かさね)(常)装束の袍(ほう)を両肩ともぬぎ,半臂(はんぴ)を見せ(代用として前掛と裾(きよ)を着ることもある),柔和な表情の人面をつけ,この舞にだけ用いる特殊なかぶと)をかぶり,太刀を腰に,笏を手にもって舞う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新鳥蘇の関連キーワード舞楽面渤海楽岡昌倫印勝雅楽

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android