コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新鹿沢温泉 しんかざわおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新鹿沢温泉
しんかざわおんせん

群馬県西部,浅間山の北西山麓,嬬恋 (つまごい) 村にある温泉。標高 1220mに位置する高原温泉。泉質重曹泉泉温 46℃。神経痛にきく。南部にある鹿沢温泉からの引き湯。夏の避暑,冬のスキーに訪れる観光客も多い。国民保養温泉地に指定。付近は上信越高原国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新鹿沢温泉
しんかざわおんせん

群馬県西部、吾妻(あがつま)郡嬬恋(つまごい)村、浅間山(あさまやま)の北西山麓(さんろく)、標高1220メートルの高原にある温泉。1919年(大正8)南西約4キロメートルの鹿沢(旧鹿沢)温泉に旅館1軒を残して移転してきた温泉で、旧鹿沢からパイプで引き湯している。泉質は炭酸水素塩泉。広大な姥ヶ原(うばがはら)の一角を占め、避暑とスキーの好適地、田代(たしろ)湖に近い。付近は高原キャベツの産地。JR吾妻線万座(まんざ)・鹿沢口駅から車利用(春、秋の観光シーズンは村営バスが運行)。[村木定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新鹿沢温泉の関連キーワード鹿沢[温泉]嬬恋(村)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android