コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西堀栄三郎 ニシボリエイザブロウ

3件 の用語解説(西堀栄三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にしぼり‐えいざぶろう〔‐エイザブラウ〕【西堀栄三郎】

[1903~1989]化学者・技術者。京都の生まれ。京大教授。品質管理の普及に貢献。登山家としても著名で、第1次南極越冬隊隊長を務めた。著作に「南極越冬記」「品質管理実施法」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西堀栄三郎 にしぼり-えいざぶろう

1903-1989 昭和時代の化学者,登山家。
明治36年1月28日生まれ。京都帝大助教授をへて東京電気(現東芝)にはいり,真空管の研究に従事。昭和29年デミング賞受賞。31年京大教授。32年第1次南極観測隊越冬隊長,52年日本山岳会会長。国内の先駆的登山のほか白頭山,マナスル,チョモランマ(エベレスト)など海外登山でも活躍した。「雪山讃歌」の作詞者。平成元年4月13日死去。86歳。京都出身。京都帝大卒。著作に「南極越冬記」「品質管理実施法」など。
【格言など】夢は遠く大きいほどよい(悩んでいた子息への私信で)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

にしぼりえいざぶろう【西堀栄三郎】

1903~1989) 化学者。京都府生まれ。京大卒。京大教授。品質管理の普及・指導に尽力。1956年(昭和31)第一次南極越冬隊長をつとめる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西堀栄三郎の関連キーワード稲村耕雄井上敏尾形輝太郎金子武夫小泉正夫槌田竜太郎富田真雄西田屹二林太郎日置陸奥夫

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西堀栄三郎の関連情報