コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西堀栄三郎 ニシボリエイザブロウ

デジタル大辞泉の解説

にしぼり‐えいざぶろう〔‐エイザブラウ〕【西堀栄三郎】

[1903~1989]化学者・技術者。京都の生まれ。京大教授。品質管理の普及に貢献。登山家としても著名で、第1次南極越冬隊隊長を務めた。著作に「南極越冬記」「品質管理実施法」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西堀栄三郎 にしぼり-えいざぶろう

1903-1989 昭和時代の化学者,登山家。
明治36年1月28日生まれ。京都帝大助教授をへて東京電気(現東芝)にはいり,真空管の研究に従事。昭和29年デミング賞受賞。31年京大教授。32年第1次南極観測隊越冬隊長,52年日本山岳会会長。国内の先駆的登山のほか白頭山,マナスル,チョモランマ(エベレスト)など海外登山でも活躍した。「雪山讃歌」の作詞者。平成元年4月13日死去。86歳。京都出身。京都帝大卒。著作に「南極越冬記」「品質管理実施法」など。
【格言など】夢は遠く大きいほどよい(悩んでいた子息への私信で)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にしぼりえいざぶろう【西堀栄三郎】

1903~1989) 化学者。京都府生まれ。京大卒。京大教授。品質管理の普及・指導に尽力。1956年(昭和31)第一次南極越冬隊長をつとめる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

西堀栄三郎の関連キーワードレーザレーダ追突警報装置プラット修正ロシア映画尾上菊五郎熔結凝灰岩濱田万葉里見☆しのぶ平成ハベル円卓会議

西堀栄三郎の関連情報