コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西堀栄三郎 ニシボリエイザブロウ

デジタル大辞泉の解説

にしぼり‐えいざぶろう〔‐エイザブラウ〕【西堀栄三郎】

[1903~1989]化学者・技術者。京都の生まれ。京大教授。品質管理普及に貢献。登山家としても著名で、第1次南極越冬隊隊長を務めた。著作に「南極越冬記」「品質管理実施法」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西堀栄三郎 にしぼり-えいざぶろう

1903-1989 昭和時代の化学者,登山家。
明治36年1月28日生まれ。京都帝大助教授をへて東京電気(現東芝)にはいり,真空管の研究に従事。昭和29年デミング賞受賞。31年京大教授。32年第1次南極観測隊越冬隊長,52年日本山岳会会長。国内の先駆的登山のほか白頭山,マナスル,チョモランマ(エベレスト)など海外登山でも活躍した。「雪山讃歌」の作詞者。平成元年4月13日死去。86歳。京都出身。京都帝大卒。著作に「南極越冬記」「品質管理実施法」など。
【格言など】夢は遠く大きいほどよい(悩んでいた子息への私信で)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にしぼりえいざぶろう【西堀栄三郎】

1903~1989) 化学者。京都府生まれ。京大卒。京大教授。品質管理の普及・指導に尽力。1956年(昭和31)第一次南極越冬隊長をつとめる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

西堀栄三郎の関連キーワード第1次南極観測隊チョモランマヤルンカン1月28日京都府尽力

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西堀栄三郎の関連情報