コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方方・旁 かたがた

1件 の用語解説(方方・旁の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かたがた【方方・旁】

( 名 )
複数の人々を敬っていう語。あのかたこのかた。 《方方》 「御来場の-」
あちこちの場所や方角。ほうぼう。 「みな-にながされ給てかなしきに/大鏡 2
( 代 )
二人称。複数の相手を丁寧に呼ぶ語。本来は複数をさすが、単数をさす時にも用いられることがある。あなたがた。おのおのがた。 《方方》 「『-の御名字は』、『いや、名もない者でござる』/狂言・入間川」
( 副 )
あれやこれやと。さまざまに。いろいろ。 「うれしくも、哀れにも、-移ろふ心地して/源氏 紅葉賀

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone