施無畏(読み)せむい(英語表記)abhayadāna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

施無畏
せむい
abhayadāna

仏教用語。無畏をすこと。すなわち相手に危害を加えず恐れをいだかせないこと。三施の一つ。施無畏力をもっているために,観世音菩薩は施無畏者と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せむい【施無畏】

〘仏〙
仏・菩薩が衆生しゆじようのおそれを除き、救うこと。三施の一。無畏施。
○ 観世音菩薩の別称。施無畏者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android