旅所(読み)タビショ

大辞林 第三版の解説

たびしょ【旅所】

たびどころ【旅所】

仮の旅住まい。旅のやど。 「かかる-にあまた参らざりけるに/源氏 夕霧

りょしょ【旅所】

旅の宿所。たびやどり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たび‐しょ【旅所】

〘名〙 祭礼のとき、本宮から渡御(とぎょ)した神輿(みこし)や神体を一時とどめておく所。おたびしょ。旅の宮。旅殿。
※兵範記‐仁平三年(1153)四月一五日「先参御輿旅所、次参入道殿御所」

たび‐どころ【旅所】

〘名〙 他出して仮に宿る所。自宅以外の宿所。旅宿。
※小右記‐長徳二年(996)六月一四日「将軍日来在他所云々、内成朝臣在将軍旅所者」

りょ‐しょ【旅所】

〘名〙 旅の宿所。たびどころ。
※私聚百因縁集(1257)六「旅所(リョショ)に富貴を招き、遠州に老父を見る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の旅所の言及

【御旅所】より

…御輿宿,頓宮ともいう。《枕草子》に平野社の〈みこしやどり〉が出るのをはじめとして,《兵範記》仁平3年(1153)4月15日条の〈先参御輿旅所〉など,平安末~鎌倉初の記録に,宇治離宮明神,祇園,稲荷,松尾,北野の各社の祭礼に設けられた旅所のことが現れる。一般に神社の神幸(渡御)というものは,(1)鎮座伝承上ゆかり深い地点への神幸,(2)祭神事績・霊験への回顧のための神幸,(3)氏子区域の巡覧・除厄など種々の理由があるため,旅所もまた1ヵ所または数ヵ所にわたることがある。…

※「旅所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旅所の関連情報