大弐(読み)だいに

精選版 日本国語大辞典「大弐」の解説

だい‐に【大弐】

〘名〙
① 令制で、大宰府の次官三人中の最上位者の官名。正五位上相当官。延暦二五年(八〇六)従四位下に改められた。平安時代以降、帥が親王の官となってより、大宰府の政務は権帥(ごんのそち)または大弐が行なったが、権帥のある時は大弐を任ぜず、大弐のある時は権帥を任じないのが例である。しかし両方とも政務の最高責任者であるところから、帥の唐名の都督を大弐が用いる場合がある。〔令義解(718)〕
② 明治四年(一八七一)八月に置かれた陸軍四鎮台の上級の次官。帥の下に位し、帥の職掌を補佐する奏任官。同六年一月九日廃された。
※明治職官沿革表(1886‐94)一「四管鎮台〈略〉大弐」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「大弐」の解説

大弐 だいに

?-? 平安時代後期の女官,歌人。
藤原通宗(みちむね)の娘。母は大弐三位と高階成章の娘。はじめ郁芳門院(いくほうもんいん),のち賀茂斎院の令子内親王につかえ,前斎院大弐,皇后宮大弐,二条太皇太后宮大弐とよばれる。歌は「金葉和歌集」などにみえる。寛治(かんじ)-康和(1087-1104)のころに活躍。名は宗子。家集に「大弐集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android