コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日下義雄 くさか よしお

2件 の用語解説(日下義雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日下義雄 くさか-よしお

1852*-1923 明治-大正時代の官僚,政治家。
嘉永(かえい)4年12月25日生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士の子。石田和助の兄。箱館(はこだて)五稜郭(ごりょうかく)の戦いに敗れる。旧名石田五助から日下義雄と改名,アメリカに留学。帰国後の明治7年紙幣寮にはいり,井上馨(かおる)にみとめられる。長崎県・福島県知事をへて第一銀行取締役。35年衆議院議員(当選2回,政友会)。大正12年3月18日死去。73歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日下義雄

没年:大正12.3.18(1923)
生年:嘉永4.12(1851)
明治期の官僚,実業家。会津藩(福島県)藩士石田常雄の長男,日下家の養子。藩校日新館に学ぶ。慶応4(1868)年1月,鳥羽・伏見の戦に参加,北海道五稜郭に籠るが降伏して江戸に送られた。明治3(1870)年大阪英語学校に学び,4年から7年の間米国に留学。帰国後紙幣寮7等出仕,井上馨に認められ,9年欧州差遣の井上馨に随従した。その後太政官,内務省,農商務省の各種大書記官を経歴して,19年長崎県令,同県知事,福島県知事を歴任。29年退官して京釜鉄道株式会社取締,東邦火災保険株式会社社長。立憲政友会に属して衆院議員に2回当選した。<参考文献>中村孝也『日下義雄伝』

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

日下義雄の関連キーワード奥健蔵キネマ旬報日活(株)河津省庵真田幸貫富田久三郎ラングスドルフ第二帝政ムーア海里

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone