コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日下義雄(読み)くさか よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日下義雄 くさか-よしお

1852*-1923 明治-大正時代の官僚,政治家。
嘉永(かえい)4年12月25日生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士の子。石田和助の兄。箱館(はこだて)五稜郭(ごりょうかく)の戦いに敗れる。旧名石田五助から日下義雄と改名,アメリカに留学。帰国後の明治7年紙幣寮にはいり,井上馨(かおる)にみとめられる。長崎県・福島県知事をへて第一銀行取締役。35年衆議院議員(当選2回,政友会)。大正12年3月18日死去。73歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日下義雄

没年:大正12.3.18(1923)
生年:嘉永4.12(1851)
明治期の官僚,実業家。会津藩(福島県)藩士石田常雄の長男,日下家の養子。藩校日新館に学ぶ。慶応4(1868)年1月,鳥羽・伏見の戦に参加,北海道五稜郭に籠るが降伏して江戸に送られた。明治3(1870)年大阪英語学校に学び,4年から7年の間米国に留学。帰国後紙幣寮7等出仕,井上馨に認められ,9年欧州差遣の井上馨に随従した。その後太政官,内務省,農商務省の各種大書記官を経歴して,19年長崎県令,同県知事,福島県知事を歴任。29年退官して京釜鉄道株式会社取締,東邦火災保険株式会社社長。立憲政友会に属して衆院議員に2回当選した。<参考文献>中村孝也『日下義雄伝』

(福地惇)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android