コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日曜新聞 にちようしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日曜新聞
にちようしんぶん

日曜ごとに発行される週刊紙の一種であるが,特に日刊紙の付録または別紙として発行されるものをさす。欧米の新聞のほとんどは日曜に発行されないから,日曜新聞が別紙として (たとえば『ロンドン・タイムズ』と『サンデー・タイムズ』のように) 発行されることが多い。 J.ピュリッツァーが『ワールド』を買収直後創刊して大ヒットした『サンデー・ワールド』のように,センセーショナリズムの傾向が強い。日本では共産党の機関紙『赤旗』の大衆版である『赤旗日曜版』が代表的な日曜新聞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にちようしんぶん【日曜新聞 Sunday newspaper】

日曜日だけに発行される週刊紙。当初,新聞はキリスト教の安息日の日曜日には休刊するのが習慣であった。しかし,1780年イギリスでエリザベス・ジョンソン夫人が最初の日曜新聞《E.ジョンソンズ・ブリティッシュ・ガゼット・アンド・サンデー・モニターE.Johnson’s British Gazette,and Sunday Monitor》を発行した。これは労働者階級を読者対象に週間ニュース,宗教記事などを中心としたものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にちようしんぶん【日曜新聞】

日曜日だけ発行する新聞。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日曜新聞
にちようしんぶん
Sunday newspaper

日曜日だけに発行される新聞。一般に、イギリス、アメリカの日刊紙は月曜日から土曜日のウィークデーに発行されており、日曜日に新聞を読むには日曜新聞に頼る以外にない。1642年のピューリタン革命以降、イギリスでは安息日としての日曜日に商活動を行うことを禁止する法律が成立し、とくにチャールズ2世の時代には、日曜日に新聞を売る者に罰金を科した。こうした社会背景のなかで最初に日曜新聞を発行したのはエリザベス・ジョンソンで、1779年『ブリティッシュ・ガゼット・アンド・サンデー・モニター』The British Gazette and Sunday Monitorを創刊した。これに続き1791年までに、有名な『オブザーバー』を含め四紙の日曜新聞が発行された。これに対し、宗教関係者らは日曜新聞の発行を妨害しようとしたが、日曜新聞が、休日に娯楽やニュースを求めるイギリス労働者に広く受け入れられたため成功しなかった。『ニューズ・オブ・ザ・ワールド』『サンデー・ミラー』などがイギリスの代表的大衆日曜新聞で、高級紙としては『サンデー・タイムズ』『オブザーバー』『サンデー・テレグラフ』などがあげられる。アメリカではイギリスと異なり、日刊紙が題号を変えて日曜新聞を発行している場合が多い。
 日本には日曜新聞はないが、1960年代なかばごろから販売競争の激化に伴い、有力紙が付録として日曜版(日曜付録Sunday supplement)を発行している。[鈴木ケイ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日曜新聞の関連キーワードジュゼッペ ファンチュッリオルガ ヴィゼンティーニマードックヴァンバガービン日曜日

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日曜新聞の関連情報