コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本トムソン にっぽんトムソン

2件 の用語解説(日本トムソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本トムソン
にっぽんトムソン

ニードルベアリングの専業メーカー。 1950年に大一工業として創業。 63年に現社名となる。 IKOブランドで内外工作機械メーカーに知名度が高い。最近では直道案内機器に力を入れ,ハイテク産業向けの計測機器,精密機器,各種工作機械が伸びている。売上構成比は,ニードル軸受など 92%,その他機械部品など8%。年間売上高 329億 3500万円 (うち輸出 24%) ,資本金 93億 2500万円,従業員数 874名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日本トムソン

正式社名「日本トムソン株式会社」。英文社名「NIPPON THOMPSON CO., LTD.」。機械工業。昭和25年(1950)「大一工業株式会社」設立。同38年(1963)現在の社名に変更。本社は東京都港区高輪。機械部品製造会社。自動車産業機械に使われるニードル軸受けと、半導体製造装置などの部品となる直動案内機器が主力。東京証券取引所第1部上場。証券コード6480。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

日本トムソンの関連キーワード劉邦高祖劉邦岡山(県)馬王堆漢墓農家柔道地方議員の年金北九州八幡東病院全国高校駅伝

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本トムソンの関連情報