コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開陳 カイチン

デジタル大辞泉の解説

かい‐ちん【開陳】

[名](スル)人の前で自分の心の中をありのままに述べること。「所信を開陳する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいちん【開陳】

( 名 ) スル
自分の意見や考えなどを述べること。 「見解を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

開陳の関連キーワード枕・椿・沈・珍・賃・鎭・鎮・陳ウィルヘルム・マイスターパネル・ディスカッションパネル・ディスカッション思想および良心の自由フォガッツァーロ予備的調査制度ホスバッハ覚書日本船主協会マルティーニ洗心洞箚記勘定吟味役黒田 長知岩野 泡鳴ブリッジズ福沢諭吉ばら物語書簡文学春雨物語葛飾北斎

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開陳の関連情報