コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本触媒 にっぽんしょくばい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本触媒
にっぽんしょくばい

触媒と酸化技術が中心の化学会社。 1937年発足のヲサメ硫酸工業付属研究所を前身として,41年ヲサメ合成化学工業として設立された。 49年現社名に変更。同年無水フタル酸を 300t,67年には 5800tを生産。 53年ポリエステル樹脂を国産企業化,59年石油化学に進出し酸化エチレンなどを国産技術で製造開始。高吸水性樹脂などの精密化学品でシェア上位にある。 91年に日本触媒化学工業から現社名に変更。売上構成比は,基礎化学品 40%,精密化学品 37%,合成樹脂 11%,環境・触媒 12%。年間売上高 1601億 9000万円 (連結。うち輸出 35%) ,資本金 165億 2900万円,従業員数 2258名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本触媒

1941年設立。本社は大阪市中央区。紙おむつなどに使われる「高吸水性樹脂」とその原料のアクリル酸の化学メーカー。同社によると、高吸水性樹脂では世界の約4分の1のシェアがあるトップメーカーで、姫路製造所は会社全体の生産能力の3分の2を占め、姫路での生産が止まれば世界の紙おむつ供給への影響が大きいという。川崎市、大阪府吹田市にも製造拠点がある。今年3月期の連結売上高は3207億円。

(2012-09-30 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日本触媒

正式社名「株式会社日本触媒」。英文社名「NIPPON SHOKUBAI CO., LTD.」。化学工業。昭和16年(1941)「ヲサメ合成化学工業株式会社」設立。同24年(1949)「日本触媒化学工業株式会社」に改称。平成3年(1991)現在の社名に変更。本社は大阪市中央区高麗橋。アクリル酸の世界的メーカー。高吸水性樹脂でも高いシェア。ほかに医薬品中間原料など。東京証券取引所第1部上場。証券コード4114。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

日本触媒の関連キーワード日本ポリエステル兵庫県姫路市日本蒸溜工業広田 鋼蔵八谷 泰造川崎 秀二日本乳化剤川崎 克八谷泰造日宝化学広田鋼蔵

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本触媒の関連情報