コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒川道祐 くろかわどうゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒川道祐
くろかわどうゆう

[生]?
[没]元禄4(1691).11.4. 京都
江戸時代前期の儒医。名,玄逸。号,静庵,遠碧軒など。堀杏庵外孫安芸藩藩医となるが延宝初め頃致仕。日本医史研究の嚆矢で,名医の小伝を載せる『本朝医考』 (1663) ,安芸国と備後国の地誌『芸備国郡志』 (63) ,山城国の地誌『雍州府志』 (84) ,1年間の祭事などを記す『日次紀事 (ひなみきじ) 』 (85) ,日記体の見聞随筆『遠碧軒随筆』などの著述がある。医者というより博学家の名がふさわしい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒川道祐 くろかわ-どうゆう

?-1691 江戸時代前期の医師,儒者。
黒川寿閑の子。儒学林羅山,外祖父の堀杏庵(きょうあん)にまなぶ。安芸(あき)広島藩医。地誌,医学史を研究し,「芸備国郡志」「本朝医考」などをあらわし,延宝元年以後は京都で著述に専念した。元禄(げんろく)4年11月4日死去。安芸出身。名は玄逸。号は静庵など。著作はほかに「雍州府志」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

黒川道祐

没年:元禄4.11.4(1691.12.23)
生年:生年不詳
江戸前期の歴史家。安芸(広島県)の人。名は玄逸,字・通称は道祐。静庵,遠碧軒と号す。父は広島藩医黒川寿閑,母は堀杏庵の娘。医学を父に学び,儒学を林羅山・鵞峰父子に就く。また堀杏庵にも学んだ。家を嗣いで広島藩医として仕えながら,『芸備国郡志』や『本朝医考』を著し,独自の史観で日本における地誌・医学史の上に大きな業績を遺した。延宝1(1673)年職を辞し,京都に住んで著述に専念。また近畿一円を旅して,多くの旅行記を残す。その一方で,京都の地誌『雍州府志』や年中行事『日次紀事』を編んだ。<参考文献>『黒川道祐伝補遺』(『中村幸彦著述集』11巻)

(高橋昌彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒川道祐
くろかわどうゆう
(?―1691)

江戸時代の医師、日本医史学者の嚆矢(こうし)。生年は1622年(元和8)説があるが不詳。名は元逸(玄逸とも)、字(あざな)は道祐、号は静庵・梅庵。安芸(あき)国(広島県)浅野侯に医をもって仕えたが、のち辞して京都に移る。1663年(寛文3)日本歴代名医の伝記、疾病史などを収めた『本朝医考』を著した。元禄(げんろく)4年、京都で没。墓碑は京都市上京区智恵光院通五辻上ル本隆寺本法印墓地にある。著作に『雍州府志(ようしゅうふし)』『日次紀事(にちじきじ)』『芸備国郡志』『遠碧(えんへき)軒随筆』などがある。[矢数道明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黒川道祐の言及

【日次紀事】より

…江戸前期の京都を中心とする朝野公私の年中行事解説書。黒川道祐編。1676年(延宝4)林鵞峰序。…

【雍州府志】より

…江戸時代に刊行された山城国に関する最初の総合的地誌。著者は黒川道祐。全10巻で,自序は1682年(天和2)と推定されるが,第10巻の刊年は86年(貞享3)。…

※「黒川道祐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

黒川道祐の関連キーワード日本の医学史(年表)うんすんかるた左甚五郎本朝画史貝原益軒矢数道明狩野永納道中記儒者天児

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android