日玉尼(読み)にちぎょくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日玉尼 にちぎょくに

1622-1686 江戸時代前期の尼僧。
元和(げんな)8年生まれ。日蓮宗。次男日灯の師である山城(京都府)瑞光寺の元政について出家。寛文7年元政の母の死後,その住居養寿庵を尼寺にあらためてすむ。同寺は尼衆の叢林(そうりん)となった。貞享(じょうきょう)3年10月25日死去。65歳。大坂出身。俗姓は赤松。字(あざな)は妙月。号は殊芳院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日玉尼

没年:貞享3.10.25(1686.12.10)
生年:元和8(1622)
江戸前期の日蓮宗の尼。摂津大坂(大阪府)生まれ。寛永13(1636)年,恵藤家に嫁ぐ。明暦3(1657)年,36歳のとき夫との死別を機に,長男は出家して山城(京都)槙尾西明寺に入り善俊と称し,次男は山城深草の瑞光寺の元政のもとで出家,日玉尼も仏教に帰依して元政について受戒する。寛文7(1667)年,元政の母日脱尼が死去したとき,その住居の深草養寿庵を尼寺に改めて入寺する。その後は題目を唱えることを日課とした。一族の老女が慕い集まり,養寿庵が尼の叢林となったため清規一策を定めるに至った。妙月と称し,院号殊芳院。<参考文献>日潮『本化別頭仏祖統紀』

(岡村喜史)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android