コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日米科学技術協力協定 にちべいかがくぎじゅつきょうりょくきょうてい

1件 の用語解説(日米科学技術協力協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日米科学技術協力協定
にちべいかがくぎじゅつきょうりょくきょうてい

1988年に日米間で締結された宇宙開発生命科学,基礎物理などの分野での技術協力を定めた協定。日米間の外交問題として注目を浴びたのは,前年の東芝機械ココム違反事件もあり,アメリカ側に,日本は基礎技術の面で「ただ乗り」しており,それがアメリカの国際的な技術競争力を弱めている,という強い不満があったからである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日米科学技術協力協定の関連キーワード竹下登内閣板場真二香西かおり北山雅康仮面ライダーBlack青い山脈宇高航路済州島事件植物生理学文学賞

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日米科学技術協力協定の関連情報