コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野有範 ひのありのり

世界大百科事典 第2版の解説

ひのありのり【日野有範】

1302‐63(乾元1‐正平18∥貞治2)
南北朝時代の貴族。父藤範は学問文章の道で鎌倉将軍家に仕え,次いで《建武式目》の起草者の一人ともなった異色の人物だが,有範も大学頭治部卿という高官ながら室町幕府禅律方(ぜんりつかた)頭人に起用されたばかりでなく,足利直義(ただよし)の政治思想に大きな影響を与えたといわれる。観応の擾乱(かんのうのじようらん)で直義党の一人として失脚するが,1357年(正平12∥延文2)官に復帰し,従三位に叙せられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日野有範の関連キーワード親鸞(僧)藤原有範親鸞兼有観応擾乱

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android