コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野有範 ひのありのり

1件 の用語解説(日野有範の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひのありのり【日野有範】

1302‐63(乾元1‐正平18∥貞治2)
南北朝時代の貴族。父藤範は学問文章の道で鎌倉将軍家に仕え,次いで《建武式目》の起草者の一人ともなった異色の人物だが,有範も大学頭,治部卿という高官ながら室町幕府禅律方(ぜんりつかた)頭人に起用されたばかりでなく,足利直義(ただよし)の政治思想に大きな影響を与えたといわれる。観応の擾乱(かんのうのじようらん)で直義党の一人として失脚するが,1357年(正平12∥延文2)官に復帰し,従三位に叙せられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日野有範の関連キーワード乾元兼国貞治右衛門佐局(1)寿成門院増仁鷹司冬通洞院実夏道淵日野有範(2)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone