コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草津市(読み)くさつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草津〔市〕
くさつ

滋賀県南西部,琵琶湖岸にある市。 1954年草津町と志津,老上,山田,笠縫,常盤の5村が合体して市制。中心市街地の草津は,江戸時代東海道中山道の交わる宿場町として発展。当時,本陣,脇本陣各2を備え,草津宿本陣は現在も当時の姿をとどめ,史跡に指定。市街地中央部を草津川が天井川となって流れ,交通機関は河床下のトンネルを通る。国道1号線沿いから東部の丘陵地にかけて工場進出が著しく,電気機器,ボイラ,食料品,塗料などの工業団地があり,出荷額は県内有数。在来工業には洋傘の柄などに用いる竹根鞭がある。農村部では米作のほか花卉,果樹を栽培。湖岸では淡水真珠養殖が行われる。石津寺の本堂,観音寺の阿弥陀堂,書院などは重要文化財。史跡野路小野山製鉄遺跡がある。矢橋は「矢橋帰帆」で知られる近江八景の一つ。湖岸一帯は琵琶湖国定公園に属する。 JR東海道本線が通る。面積 67.82km2。人口 13万7247(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草津市の関連情報