コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新家 シンケ

デジタル大辞泉の解説

しん‐け【新家】

分家した家。別家。新宅。しんや。
慶長年間(1596~1615)以後、新しく一家を立てた公家の諸家。清華九家のうちの広幡・醍醐両家などをいう。

しん‐や【新家】

新しく建てた家。新築の家。新宅。
本家から分かれて、新たに独立した家。分家新宅。しんけ。

にい‐や〔にひ‐〕【新家/新屋】

新しく建てた家。しんや。
本家から独立して築いた家。分家。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんけ【新家】

分家。新宅。
近世、慶長以後新たに立てられた公家の諸家。花園・裏辻・武者小路などで、官位は大納言・参議に至るを先途せんどとする。

しんや【新家】

新築した家屋。
分家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

新家の関連キーワード日舞花柳流宗家家元の花柳壽輔死去花柳 徳太郎(初代)渋谷天外(2世)三輪田 真佐子アラヤ特殊金属オレンボー朝花柳 徳太郎田中 比左良6月29日玉丘古墳群大地の香り観世銕之丞土井忠兵衛ARAYA田中比左良新家子一弘家(いえ)武者小路量的遺伝寝屋川市

新家の関連情報