新家(読み)シンケ

デジタル大辞泉の解説

しん‐け【新家】

分家した家。別家。新宅。しんや。
慶長年間(1596~1615)以後、新しく一家を立てた公家の諸家。清華九家のうちの広幡・醍醐両家などをいう。

しん‐や【新家】

新しく建てた家。新築の家。新宅。
本家から分かれて、新たに独立した家。分家新宅。しんけ。

にい‐や〔にひ‐〕【新家/新屋】

新しく建てた家。しんや。
本家から独立して築いた家。分家。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんけ【新家】

分家。新宅。
近世、慶長以後新たに立てられた公家の諸家。花園・裏辻・武者小路などで、官位は大納言・参議に至るを先途せんどとする。

しんや【新家】

新築した家屋。
分家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐か【新家】

〘名〙
① 新しく建てた家。
※菅家文草(900頃)六・九日後朝、侍朱雀院、同賦閑居楽秋水「秋水見於何処、朱雀院之新家也」 〔国語‐魯語上〕
② 新しく同業者の仲間などになった人。また、新しく一派を起こした家。
※男重宝記(元祿六年)(1693)一「羽林名家の外十家、新家(シンカ)四十八家」

しん‐け【新家】

〘名〙
① 分家。別家。新宅。
近世、慶長(一五九六‐一六一五)以後あらたに立てられた公家の諸家。松殿・平松・花園・押小路などの家系。官位は大納言・参議に至る。⇔旧家。〔人倫訓蒙図彙(1690)〕

しん‐や【新家】

〘名〙
① 新築して移り住んだ家。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉五三「堤下(どてした)の新家で一口飲んで」
② 本家から独立して築いた家。また、その身分。分家。しんけ。
滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)上「新家(シンヤ)の小旦那が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新家の関連情報