コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新詩社 しんししゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新詩社
しんししゃ

詩歌結社。 1899年 11月 11日創立,1949年 10月解散。正式名は東京新詩社与謝野鉄幹が伝統和歌の革新を目指し,落合直文あさ香社から分れて結成。 1900年4月に機関誌明星』を創刊,明治中期~後期の浪漫主義の母体として詩歌壇に君臨した。その基礎を決定したのは与謝野晶子の『みだれ髪』 (1901) であり,鉄幹,晶子夫妻を中心に,窪田空穂高村光太郎相馬御風吉井勇石川啄木北原白秋木下杢太郎らの俊才が集ったが,自然主義の勃興とともに衰微の道をたどり,『明星』は 08年 11月第 100号をもって廃刊した。しかし「新詩社」の命脈は鉄幹,晶子とともに存続,『スバル (昴) 』 (09~13) ,『トキハギ』 (09~10) ,第2次『明星』 (21~27) ,鉄幹,晶子の死後門人たちの手で刊行された『冬柏』 (30~52) ,長男与謝野光が刊行した第3次『明星』 (47~49) などに継承され,堀口大学佐藤春夫岡本かの子原阿佐緒,水上滝太郎らを育て,明治,大正を通じ近代短歌の一大水脈であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんし‐しゃ【新詩社】

詩歌結社。明治32年(1899)与謝野鉄幹(よさのてっかん)が設立。翌年、機関誌「明星」を創刊、浪漫主義運動の一大勢力となり、多くの新人を育成した。同41年解体。正式には東京新詩社。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

新詩社【しんししゃ】

与謝野(よさの)鉄幹主宰の詩歌結社。早くから和歌革新運動に従った鉄幹は,1899年新詩社を結成し,翌年機関誌《明星》を創刊した。短歌を中心としてはなやかな浪漫主義文学運動を展開し,与謝野晶子(あきこ),高村光太郎石川啄木北原白秋吉井勇木下杢太郎佐藤春夫らを世に送った。
→関連項目尾上柴舟小堀杏奴スバル相馬御風短歌長田秀雄堀口大学みだれ髪山川登美子

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんししゃ【新詩社】

明治期の文学結社。1899年(明治32)11月与謝野鉄幹を中心に創設された。正式には東京新詩社。1900年創刊の機関誌《明星》は08年廃刊まで浪漫主義文学の拠点となった。その綱領に〈自我独創の詩を楽む〉自由な集団たることを謳(うた)い,新しい詩歌の創作につとめた。また美術,特に白馬会などの洋画壇との交流も盛んに行われた。鉄幹の指導下に,妻晶子を始め,山川登美子,平出修,高村光太郎,茅野蕭々茅野雅子平野万里,北原白秋,木下杢太郎,石川啄木,吉井勇ら新人が輩出した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんししゃ【新詩社】

詩歌結社の一。1899年(明治32)、与謝野鉄幹が短歌革新をめざして結成。翌年四月「明星」を機関誌として創刊、浪漫的傾向をもって短歌史・近代詩史に一時期を画した。同人に与謝野晶子・石川啄木・小山内薫・木下杢太郎・北原白秋らがいる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新詩社
しんししゃ

与謝野鉄幹(よさのてっかん)(寛(ひろし))が1899年(明治32)11月に創設した文学結社。東京新詩社ともいう。翌年4月、機関誌『明星』創刊、詩歌を中心とする浪漫(ろうまん)派の文学・美術の総合誌として活動したが、1908年(明治41)100号で終わった。社の規約に「自我独創の詩」をうたい、自由な雰囲気のなかで新人を多く育て、「明星調」の歌風を広め、象徴詩の移入など文壇に貢献した。鉄幹・晶子(あきこ)夫妻のほか、主要同人に高村光太郎(こうたろう)、北原白秋(はくしゅう)、石川啄木(たくぼく)、木下杢太郎(もくたろう)、吉井勇(いさむ)、平出修(ひらいでしゅう)らがいる。09年『スバル』が、21年第二次『明星』が出て、それぞれ数年間続き、鉄幹・晶子直系の歌人たちにより「新詩社詠草」として、その名は残された。[新間進一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新詩社の関連キーワード岩淵 百合子平野 万里香川 不抱栗島 狭衣茅野 雅子矢沢 孝子秋庭 俊彦観潮楼歌会小田島孤舟岩淵百合子西川 百子間島 琴山大貫 晶川酒ほがひ奥 栄一原田琴子小山内薫大貫晶川富田砕花中原綾子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android