明礬温泉(読み)みょうばんおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明礬温泉
みょうばんおんせん

大分県中部,別府市北西部,大平山の北東腹,標高約 400mにある温泉。泉質明礬泉硫黄泉泉温は 38~98℃。皮膚病特効がある。地熱地域に「湯の花 (硫黄) 」を採集する草ぶきの小屋が立並んでいる。静かな療養温泉であるが,近くにはゴルフ場,養鱒場,保養センターなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明礬温泉の関連情報