コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星風 セイフウ

百科事典マイペディアの解説

星風【せいふう】

恒星風とも。星の表面から外に向かって物質が蒸発あるいは流出する現象。すべての星で見られる現象だが,赤色巨星ではきわめて多量の星風が流出しており,星の周囲に星風が蓄積してできたと思われる雲が存在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいふう【星風 stellar wind】

恒星風ともいう。星の表面から外の空間に向かって物質が蒸発ないし流出する現象,またはその物質をいう。あらゆる星は多少なりとも星風を放出しているが,ふつうはその量はわずかで,星の質量がそのためにはなはだしく減少するほどではない。とくにこれが問題になるのは赤色巨星と呼ばれる星からの星風で,スペクトル線に輝線を伴う複雑な構造があり,星の周囲に星風が蓄積してできたと思われる雲が存在することから,毎年太陽の質量の10-7~10-6倍にものぼる多量の星風が流出していることがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

星風の関連情報