春庭楽(読み)シュンデイラク

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんでいらく【春庭楽】

雅楽,管絃,舞楽の曲名。唐楽にふくまれ双調。四人舞の文ノ舞(平舞)。《和風長寿楽》《夏風楽》とも呼ばれる。番舞(つがいまい)は《白浜》。舞楽を一帖のみ舞うときは《春庭楽》といい,左方蛮絵装束に巻纓(まきえい∥けんえい)・緌(おいかけ)の冠をかぶって舞うが,二帖(2回くり返す)舞うときは,《春庭花》といい,左方蛮絵装束の右肩を袒(ぬ)ぎ,巻纓・緌の冠に挿頭(かざし)をつけ,太刀を持って舞う。春の庭に花と戯れるようすを舞にしたものという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅんでいらく【春庭楽】

舞楽の一。左方唐楽。双調。管弦または舞楽で一帖だけ舞う場合は春庭楽、舞楽で二帖舞う時は春庭花という。四人舞で蛮絵装束の平舞。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android